気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街灯の下にうずくまる血まみれの女性

689 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/27(木) 15:46:44 ID:k6fIsPmpO
去年の8月くらいの話です
当時浪人生で、その日も自習室からの帰りでした。
その頃は勉強がうまく進まなくてものっすごいネガティブになっていた。
本格的に志望校変更するべきかどうかとか、とにかく落ち着いて考えたくて回り道をした。
いつもの道より何本か奥の、工場沿いの少し薄暗い道を歩いていた。
歩けば歩く程に憂鬱になって絶望的な気持ちになっていった。
だめくさい死にたい…とか思ってたぶん涙目になっていたその時、「いたいいい……いたぁ…い…」という声が前方から聞こえた。
ずっと俯いて歩いていたけど驚いて顔あげたら、数m先の街灯の下に人がうずくまっていた。
「ええっ!!?」と叫んでしまい気づいた相手が顔を上げた、顔の左側が血まみれの女の人だった。
「痛いぃ痛いいいい」とこっちに向かって呻いた。
「どどどうしたん¥#£%※」もう何言ってんだかわからなかったと思う。
足がもつれながら急いで駆け寄った。
痛い痛いと狂ったように女が叫んで頭をふった、血がピュンピュン飛んで来た。
「待って待って待って!!!」といって女の頭を両手で止めた。
血の割にそんなに深い傷じゃなさそうだった。
頭が動かせない女は唸りながら左肩を掴んで来た。
「わかった待って待って!!寝て!!」
女を地面に押し倒す様に寝かせて腹部を見ると白いシャツが血まみれ。
うばぁあああぎぁあああと叫ぶ女の顔面を右手で押さえて左手でシャツをまくると左下腹部に刺し傷みたいな真っ赤な血の沼があった。
羽織っていたカーデを腹に巻いて止血をした


690 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/27(木) 15:47:56 ID:k6fIsPmpO
>>689 続き

もうさ…わかるよね
おばけとかじゃなくてマジな怪我人だと思ってたんだ(´・ω・)
腹を止血した後に救急車呼んでさ、待ってる間には女の人はもうおとなしく横たわってた。
大丈夫だからね!すぐ来るよ!とか声かけてたら、救急車がようやく来た。
立ち上がって救急車に手を降っていたら「あなた…マジメすぎね」って後ろから女の人の声が聞こえた。
振り向いたら巻いてやったカーデごと消えていた。
救急隊の人には女の特徴を言われた。
この道では時々こうゆう通報があるらしい。
彼等も今までは信じ難いって感じだったらしいけど、私の顔に飛び散った血を見て認めたみたいだった
超余談だけど、志望校は変えなかった。
この女の人との出来事でやっぱり医者になろうと思い直せたから少し感謝。
こんな私も今では医学生ですお

2009年08月30日 | 不思議 | コメント (40) このエントリーを含むはてなブックマーク

引きこもりの時に掛かってきた電話

549 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/11(土) 23:43:40 ID:5pFLNf5I0
昔2年ぐらい引きこもりやってたある日の事。 
突然、姉ちゃんに「あんたに電話だって」と受話器を渡された。 
友人とも疎遠になってたから誰だろうと思いつつ「もしもし」 と電話に出た。 
 
無言。 
こっちから何を話しかけても全くの無言。 
けれど、背後の音は聞こえてくる。 
車のクラクション、人の話し声、風に揺れる木の葉の擦れる音。 
ずっと外に出てなかったから街の生活音をすごい久しぶりに聞いて、急に外に出たくなった。 
そういえば、そろそろ爺さんの命日だったし心配して掛けてくれたのかと思いつつ感謝と共に電話を切ろうとした。 
すると、かすかに女性の話し声が聞こえた。こっちに何事かを伝えようとするか細い声。 
受話器に耳を押し付けてその声を聞き取ろうとした。 
聞こえてきたその言葉。 
女「あの……突然こんなことを言うのはおかしいかもしれませんけど、初めて会ったときからずっと好きでした。付き合ってください○○さん」 
俺「は?」 口が開いたままふさがらない。 
女「え? あの、××ですけど付き合ってもらえませんか?」 
 
俺が伝えるべきはただ一つの言葉だけだった。 
 
俺「あの、すみません。うち△△ですので電話番号間違えてませんか?」 
女「え、あれ? ○○さんじゃないんですか?」 
俺「ええ△△です」 
女「きゃっ間違えました! すみませんすみません!」 ガチャッ
 
これが引きこもり脱出の鍵になったものだから、人生わからない。 
あの時の女の子は告白に成功したのだろうかと10年経った今でも思い出す。 
すぐ後に姉ちゃんに「何で俺宛てなん?」と聞いてみたら、「弟さんお願いします、言われたから」。 
俺「いきなり告白されてびびったわw」 姉「何? あんた男に告白されたの?」 俺「は?」 
本当に爺さんが取り次いでくれたのかもしれないと思った。

2009年07月14日 | 不思議 | コメント (21) このエントリーを含むはてなブックマーク

常連のおじいさん

447 :本当にあった怖い名無し:2009/06/23(火) 20:39:24 ID:YD0HhKqb0
話投下。長いです。

母が経営してる喫茶店に、毎朝朝ごはんを食べに来てくれてたおじいさん客がいた。
ある日突然ぷっつり来なくなり、近所の人でもなかったのでどうしたのか確かめることもできなかったらしい。

数年後、高校生になった私が、学校が終わったあと店を手伝うようになったら、
時々ドアの外に立つおじいさんの姿を見るようになった。
この世の人ではないとわかったので、スルーしていた。
ある日ふと常連さんとの会話で上記のおじいさんの話が出た。
私はそんなおじいさんのことは初耳。
私がドアの外に時々立つおじいさんの特徴を言うと、そのおじいさんとぴったりだった。

数日後、閉店時間30分前に伝票整理をしていたら、あと13人で50とかのキリのいい数字だった。
でも30分で13人は難しいよな~って思っていたら、またドアの所におじいさんが立った。
私は冗談のつもりで「おじいさ~ん、あと13人お客さん連れてきてよ~」と、心の中で思ったら、
おじいさんの姿が消え、次の瞬間、ハイキング帰りの団体客が、ぴったり13人入ってきた。

その後も時々おじいさんにお願いすると、バタバタとお客さんが来た。
おじいさんは、あの店を守ってくれていたんだと思う。
お礼にモーニングセットをお供えしてました。
お店は繁盛しましたが、残念ながら阪神大震災で倒壊、閉店したので、今はもうありません。

2009年06月28日 | 不思議 | コメント (16) このエントリーを含むはてなブックマーク

キモ面との出会い

178 :84 ◆Kj3wnOXXfw:2009/05/26(火) 16:38:07ID:lC3URjdn
1/2
【キモ面との出会い】
初めての就職先の最初の夏休み明け、インドネシアだかバリだかに旅行した
上司からお土産として貰う。
他の人には、片手に乗る小さな可愛い木彫りの動物で、私には何故か
上下40cm位ある木彫りのお面。
耳の辺りに木で出来たビーズ(?)の飾り付き、頭には変な羽飾り、
鼻の下にはトウモロコシのヒゲみたいな髭付き。
「気持ち悪いのでいらない」とも言えず持ち帰るのも嫌だし、
ロッカーも無いのでそのままデスクに飾る。
その日の内に、別の階の人にも『気持ち悪いお面』として噂になり
わざわざ見に来る人多数。

・それから数年後、念願の海外勤務が決まりデスク周りの整理。
お面は新聞でグルグルに包み、更に袋に入れ持ち帰る。
電車をおりる時忘れた振りして網棚に放置。
ホームにおりた途端「これ忘れ物だよ」と同じ会社の人に渡される。
その人の家は全く反対方向なのだが、その日たまたまこっち方面に用事があり、
忘れ物をする私に気付き下車駅ではないのに下りてくれた。
諦めて家へお持ち帰り。

・海外へ赴任。日本から送った荷物を同僚でもあるルームメイト(日本人)と荷解き。
そこに何故か実家に置いてきたはずのお面が・・・。

・数日後、アパートのゴミ捨て場に捨てようとすると、普段居ない管理人に
「分別しないなら捨てちゃダメ」とかなり怒られる。
原因は、木のビーズ等を繋いでいる針金等の金属類。
簡単に外せずまた道具も無い為、キモお面を再度現地の新聞でグルグルに梱包し、
更にスッポリ入る服屋の紙袋に入れて部屋の中の玄関脇に放置。

・ある日、仲良くなった現地スタッフの同僚数名を部屋へ呼んで飲み会。
皆が帰った後にふと見るとお面入り紙袋が無い。
「やったー!!」とルームメイトと大喜びし祝杯。当然警察には届けない。
しかし翌日職場に警察より連絡。
どうやらキモお面盗った人が、昨日帰る途中で何だかやらかして捕まり、
持っていたキモお面の事も白状した模様。
でも証拠品として捜査?裁判?だかが終わるまで返却不可と言われる。
(この時対応してくたのが今の旦那)
返却される頃には帰国してるし「何年でもどうぞ~」と気持ちよく返事。
キモお面を外国に置いて帰国。
2009年06月27日 | 不思議 | コメント (36) このエントリーを含むはてなブックマーク

兵隊さん

808 1/3 sage 2006/01/22(日) 01:18:36 ID:0xPCHD5z0
こわい思いをしていないからこのスレに。少し長いです。

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。
その人はヘルメットをかぶっていてえりあしに布がひらひらしてて、
緑色の作業服のような格好で、足にはほうたいが巻かれていた。
小学生になってわかったが、まさに兵隊の格好だった。

その兵隊さんは私が1人で遊んでいる時だけでなく、校庭で遊んでいる時や
母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。
少し離れたところで立って、私を見つめている。
自分以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。
私も少しはこわがってもよさそうなものだったが、何せ物心ついた時から
そばにいるし、何よりその人から恐怖心を感じるようなことは全くなかった。
きりっとしてて優しげで、古き良き日本人の顔って感じだった。


809 2/3 sage 2006/01/22(日) 01:19:32 ID:0xPCHD5z0
やがて中学生になった。ある日いつもと違うことが起きた。
テストを控えた寒い日、夜遅くに私は台所でミロを作っていた。
ふと人の気配がしたので横を見ると、兵隊さんがいた。
けれどその日は手を伸ばせば触れるくらいそばにいた。
ぼけた私が思ったことは「意外と背低いんだな」くらいだった。
―それは何でしょうか?
体の中に声が響いたような感じだった。兵隊さんを見るとまじまじとミロの入った鍋を見ている。
ミロって言ってもわかんないよね・・・と思った私は「半分こしよう」と言って
ミロを半分にわけて、カップを兵隊さんに渡した。
―失礼します。
そう声が響いて、両手にカップを持ってふうふうしながら兵隊さんはゆっくり飲んでいた。
その時の兵隊さんの顔は、柔らかくてすごくうれしそうだった。
飲み終わって、また声が響いた。
―こんなにうまいものがあるんですね。
少なくて悪いかな、と思った私は「おかわりする?」と聞いたが、
兵隊さんはカップを私に手渡して、敬礼してふっと消えてしまった。


10 3/3 sage 2006/01/22(日) 01:20:56 ID:0xPCHD5z0
別の日に1人で家にいる時、クッキーを作っていた。
焼きあがり、冷まそうとお皿に並べていたら、人の気配がしたので窓を見ると、
庭先に兵隊さんがいた。
私はおいでよ、と手招きをしたが、兵隊さんはにこっとして首を横に振った。
あれ?と思っていたら兵隊さんは敬礼して、ふわっと消えた。
ヘルメットから出てる布がふわりとしたことを覚えてる。
それきり、兵隊さんは私の前には現れなくなった。

今でも兵隊さんのことを思い出す。
美味しいものを食べた時や料理が美味しく出来た時、
兵隊さん、どこかで美味しいもの味わえているかなあと。

2009年06月22日 | 不思議 | コメント (36) このエントリーを含むはてなブックマーク
Sponsored Link
Information

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。