気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女は一生懸命な子

161 :毛無しさん :2006/09/04(月) 18:07:39 ID:HD/3a7Pm
俺、キモ麺だけど今の彼女とは逆ナンで知り合った。
彼女は一生懸命な子で今、ジュエリーデザイナーになるため勉強中。

彼女はまだ一人前とはいえないんだけど彼女がはじめてデザインした
指輪二人で買いに行ったよ。
なんでも売れなきゃデザイナーになる夢が途絶えるとやらでちょっと高かったけど
二人の婚約指輪として購入した。
上司にまで紹介された。照れながら彼氏です。って・・・
138万円。。。でも俺らの未来はpriceless。
結婚するまでは処女でいたいんだって。ホントいい子だよ。
買ってから8日は毎日連絡くれたんだけど。忙しいらしく最近はすれ違い気味。
もう一週間近く話せてない。

おまいらもガンガレ!

2008年07月29日 | 切ない | コメント (16) このエントリーを含むはてなブックマーク

センター長

774 :非通知さん :2006/10/13(金) 22:43:25 ID:BcyepBhM0
センター長のおっさん、老眼なので卓上カレンダーをショボショボ見ては
「今日は何日だったかな…」とかやってやがるので、俺の古いケータイを
「カレンダー代わりになりますよ」とか言って押し付けてやった。
「ありがとう」って、あんた、そりゃただのゴミだよ。処分がめんどかっただけだよ。

いい大学出たくせに、前の社長の学閥と思われて、俺たちみたいなアホの
集まりの親分にされて、アホたちがなんかトラブると「古いやり方ですが…」
とか言いながらなんかかんかひとりでひっかぶって片付けて、
年度末大残業すれば、自分は食えないピザなんかアホたちにたかられて、
毎日が「明日からダイエット」って小娘になめられて「センター長は、
わたしと半分こ」とかって切れっ端を食わされて、冴えないオヤジってのは、
こういうおっさんのことかとつくづく思う。

しかも、今日で定年退職だってのに、俺の古いケータイゴミそのまま
持ち帰らされてやんの。
どうせ、電気がもったいないからってそのまま仕舞い込んじまうくせに。
来年の今日、朝9時におっさんの好きなフォーレが鳴って
俺らの写真が出るなんて気づきもしねぇよ。

まぁ、生きて定年を迎えられただけがおっさんのいいとこなんだから、
せいぜい奥さんと仲良く長生きでもしろよ。

2008年07月29日 | いい話 | コメント (9) このエントリーを含むはてなブックマーク

私は運び屋

410 :山田 :2006/11/30(木) 16:57:30
私は運び屋。
こんな日陰の仕事を選んだのは私自身。
あの男達のようになりたいとは思ってもいない。
ただ運ぶだけ。
ただそれだけ。
私に指示を出せるのはあの男だけだった。
そいつも今は此処にはいない。
まあいい。今はただ与えられた仕事をこなす。
誰の下でも動いてやる。
それだけだ。

哀れな男達が必死でほざいてやがる。
仲間を蹴落とし汚い顔で。
そんなにこれが欲しいのか?

こんなただの座布団が。

2008年07月29日 | ワラタ | コメント (6) このエントリーを含むはてなブックマーク

「そこで反省しろ!!!」

85 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2006/11/23(木) 22:11:33 ID:4dEMGsL1O
8歳の頃。
家族と食事中に誤ってミソ汁をこぼしてしまった。
原因はTVを見ながら食っていたから。
それを見た親父は大激怒、「食い物を粗末にするんじゃねぇぇ!!!!」
親父は俺の襟を掴むと、そのまま外に出て俺もろとも車に乗り込んだ。
無言で走る事30分。
着いたのは真っ暗な山の中、俺は車から引きずり降ろされ地面の上に転がった
しばらく無言で見つめ合っていると親父が「そこで反省しろ!!!」と、
そのまま車に乗り込み走り去った。

あれから20年………
今では山の暮らしにすっかり馴染み、それなりに幸せな暮らしを送っている。
親父………ありがとう………………。


86 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/11/24(金) 00:40:03 ID:VAQz6x0t0
>85
馴染んじゃったよwww


87 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/11/24(金) 03:08:12 ID:qDpFLpWw0
どうやって回線ひいてるんだw

2008年07月29日 | ワラタ | コメント (7) このエントリーを含むはてなブックマーク

カーナビに登録された目的地

627 :名無しさん@そうだドライブへ行こう :2006/11/11(土) 00:59:41 ID:3BZ1UlbM0
中古車買ったらカーナビもついてた。
超嬉しくていろいろいじってたら、行き先指定ナビという機能を発見。
しかも既に1件登録されてた。面白そうだったので、
その登録先に行ってみることにしたんだ。

「次の交差点を右に」「500m先の交差点、左に」。初めて使う音声ナビに
すっかり夢中になり、気付いてみると見知らぬ峠道。
段々、辺りも暗くなって来ていたが、ナビの地図上で見ると、
設定されている目的地はあと僅か、折角ここまで来たのだから目的地まで
行ってみようと、そのまま運転を続けた。けど慣れない峠道での運転、
すぐ着くかと思った目的地だったが思いのほか時間が掛かり、
辺りはすっかり闇に包まれていたんだ。
ナビの音声はずっと「みちなりです、みちなりです」を繰り返すばかり。

事実、ずっと一本道なので、惰性で運転を続けていたのだが、
やがて「目的地まであと800mです」と、やっと終点が近づいて来ている事を告げた。
でも、相変わらず辺りは漆黒の峠道。一体、こんな所に何があるんだ!?
そもそも、何も無くただ単に中古車ディーラーが動作テストの為に適当に設定
しただけじゃないのか?
そんな不安が頭をよぎりつつもナビは「あと500mです」「あと300mです」と、
読み上げを続けている。

目的地の読み上げが、あと50mを切ったとき、猛烈な不安感が襲った。
その言い知れぬ不安感が恐怖に変わり、目的地直前で車を急停止させたんだけど、
やはり折角ここまできたので、目的地に立ってみようと車を降りて愕然としたよ。
車の停まっていた1m先の道路がいきなり無くなっていた。
おそらく崖崩れか何かで、すっぽりと道が欠落していたんだと思うね。
慌てて車内に戻り、ホッと胸を撫で下ろしていた時に、おもむろにナビから今まで
の声とはまったく違う声色で

「ちっ・・・」

2008年07月28日 | 怖い | コメント (12) このエントリーを含むはてなブックマーク

飯塚さん

645 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/26(火) 16:40:25 ID:er+CIvvm
まてよ?今出たこのウンコは
一分前には、「飯塚さん」(俺)と呼ばれていたわけだ。
「飯塚さんちょっとこっち来て」と呼ばれたらウンコも一緒に移動していたわけだ。
しかし、今、肛門から切り離された瞬間、このウンコは「ウンコ」と単体で
呼ばれはじめ、もう「飯塚さん」とは呼ばれなくなった。
ある意味、ウンコは自立したのか?
いや、もう俺の中にある地点でウンコは「ウンコ」であり、
まわりの腸とは一線を画していたはずだ。
ならば、ウンコは元から「ウンコ」だったのか?
…このウンコは小さなウンコの時から黙々と育ってきたのか。。
しかし、このウンコは俺の細胞を含んでいる。
だから、このウンコはやっぱり「飯塚さん」か?

2008年07月28日 | ワラタ | コメント (10) このエントリーを含むはてなブックマーク

週末の外泊

464 名前: 精神病院オカルト [sage] 投稿日: 2006/04/12(水) 20:50:48 ID:tU2lmo4pO
精神病棟では、病状の軽度により、週末など決まった期間自宅に帰るのを許される方もいる。
週末の外泊を許されていたA氏(50代男)。日々その時を待ち侘びていたそう。
週末、笑顔で家族(娘さん)の迎えの車に乗りこんで出発。ここまではいつもと何も変わらなかった。
週明け、時間になってもAさんが戻って来ない。
職員が自宅へ電話。Aさんの妻が出て、そこで発覚した事に全員驚愕。
妻は、夫が外泊許可を得ていたことを初めて知ったそうだ。子供もいない。

いつも迎えに来ていた娘は誰だったのか?
A氏は未だ行方不明のままだそうだ。

2008年07月28日 | 怖い | コメント (13) このエントリーを含むはてなブックマーク

少年犯罪の原因

618 :水先案名無い人 :2006/11/18(土) 19:23:11 ID:usH/TVyb0
レポーター「少年犯罪増加の原因は何ですか?」

国語学者「コミュニケーション能力の低下ですね」
社会学者「少子化により、過保護な親が増えたことが原因と思われます」
教育学者「ゆとり教育のせいです」
心理学者「ケータイ依存が引き起こしています」
脳科学者「前頭葉の異常ですかね」
栄養学者「朝食を抜いたことが原因ではないでしょうか」
経済学者「物質主義が進行し、少年の精神が貧相になったのが理由だろう」
体育会系「外で遊ばなくなったことが原因ですね」
法学者「少年法が原因である」
医者「スナック菓子やファーストフードが悪い」
小説家「漫画・アニメの影響ですね」
政治家「インターネットの有害情報の影響が懸念される」
親「一人っ子が原因じゃない?」
ジャーナリスト「フリーターやニートの増加かもしれません」
オタク「お前のせいだろ」

2008年07月28日 | 感心・深い | コメント (31) このエントリーを含むはてなブックマーク

電車の中で騒いでる子供

355 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/28(土) 20:25:55 ID:dnSuoB+o
電車の中で騒いでる子供がいた
全く静かにする気配が無かったのだが、その向かい側に座ってた
女の人が子供に向かって

「大きく三つ!」
子供が釣られて手を三回叩く
続けて
「小さく三つ」
「もっと小さく三つ」で次第に手を叩く音が小さくなってく
最後に
「お静かに」
それっきり子供が騒がしくなることは無かった

文章力無いんで伝わるか微妙だが、凄かった
幼稚園の先生とかだったのかな

2008年07月28日 | 感心・深い | コメント (12) このエントリーを含むはてなブックマーク

サインください

862 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/30(月) 12:01:23 ID:ggKI81AI
街で知らない人に、サインをねだる。
男なら「歌舞伎の○○さんですよね?サインください」
女なら「作家の○○さんですよね?サインください」と。
当然「違います」って言われるので、いかに似てるのか説明する。
こうすると本当に自分が似てるのか気になるので、
「ファンサイト作って画像ありますんでよかったら覗いてください」と
HPアドレス入りの紙を渡す。
そのHPには「またお前は騙されたわけだが」とTOPページに書いて
BBSも設置しておく。
一言書いてくれる人がいて楽しいw

2008年07月28日 | ワラタ | コメント (6) このエントリーを含むはてなブックマーク

報復の弁当

463 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/05(木) 19:55:22 ID:Dt4gDshW
兄が母に大人のおもちゃでのオナニーを見られた日「手でやりなさい!」
「貰ったんだからいいじゃないか」という激しいケンカが勃発

翌日、母は不機嫌だった
私が昼に弁当をあけると、2段重ねの弁当箱には両方ともおかず、
デザート入れのタッパーにご飯がぎゅうぎゅうに入ってた
「オカズは一個お兄ちゃんにあげてね」っていうメモを見て
兄も弁当持ってたがなあと思いながら、兄の教室へ
兄の教室はなにやら騒がしく、入ってみると
弁当箱には白いメシと、おかずの部分に大きい刺身こんにゃくがはめ込まれて、
真ん中に縦に切れ目が
その切れ目には魚の形の醤油入れ
その弁当箱を目の前に、爆笑してる兄を中心に大笑いされてた

帰宅後「弁当みんなに大好評だったよ」と報告する兄と
「使いまわすんじゃない!」と激怒した母が居た

2008年07月28日 | ワラタ | コメント (7) このエントリーを含むはてなブックマーク

薄暗い監房の中で

203 :名無しのオプ :2006/12/18(月) 22:29:42 ID:PnWhA04q
また一人房から消えた。あの扉の先には何が待っているのだろう…光か…それとも死か…。

おれは今薄暗い監房にいる。外からは他の受刑者の泣き叫ぶ声や奇声が絶えず聞こえてくる。

しかし、いったいおれが何をしたっていうんだ?自分が何故ここに入れられたの
かサッパリ分からない。確かにここに来る前のおれはお世辞でも優等生ではなか
ったし、盗みや喧嘩だってしたことはある。
けれども、もうここに来て何の説明もないまま2年になる。明らかに異常だ。
忍耐強いおれでもおかしくなりそうだった。
そんな中でのゆういつの楽しみは隣房のジョンの話を聞くことだ。
幸いなことに看守の目はゆるかったので会話は自由にできた。
ジョンはお調子者で、子供の頃のおもらしの話や、近所の公園のガキ大将の
話など面白おかしく話してくれた。その度におれは腹の底から笑った。
こうやってなんとか平静を保てているのはジョンのおかげである。
恥ずかしくて声に出しては言わないが、ジョンには感謝の気持ちでいっぱいだ。


204 :名無しのオプ :2006/12/18(月) 22:30:22 ID:PnWhA04q
…コツ…コツ…ガチャ…看守がやってきた、受刑者の叫び声がいっそう激しくなる。
…コツ…コツ…コツ…看守が目の前を通りすぎた。と同時に足音が鳴り止んだ。
…まさか!?…ジョンの監房だった。
看守はジョンを監房の外へ出し慣れた手つきで鎖で縛った。
もう何度も見てきた光景である。看守とジョンが目の前を通りすぎる。
看守の顔には不気味な笑みがうかがえる。
ジョンが一瞬こちらを見た。目には涙を浮かべている。
よく見ると身体が小刻みに震えている。怖いのだ。
おれは何か声をかけようとしたが声が出なかった。
…コツ…コツ…コツ…ガチャ…看守は扉を開けた。
ジョンが最後にもう一度おれのほうを振り返った。涙はなかった。
おれは堪えきれず泣き叫んだ。
あおーん、わんわん、わん、あおぉーん

2008年07月28日 | 切ない | コメント (12) このエントリーを含むはてなブックマーク

パパの出勤

436:774RR :2006/12/18(月) 22:16:04 ID:O6c6Ta69 [sage]
この間、仕事が遅出だったので、2歳半の娘が起きた時俺は家にいた。
娘はそっけない。呼んでも嫁の方にばかり行く。
寂しかった。俺は出勤時間が迫り、家を出る準備をした。

娘の顔色が変わった。
急に俺に甘えてくる。

嫁が言う。「パパがお休みで今日は一日中一緒だと思って油断してたんだね~。」
いよいよ家を出ようとした時、まだまだつたない喋り方で
「いかない、で~。いかない、で~。」と泣き出した。
俺は嫁に言った。
「俺風邪ひいた。」
嫁に言われた。
「いってらっしゃい。」

2008年07月28日 | 和む・萌え | コメント (5) このエントリーを含むはてなブックマーク

省略を多用する言語

757 :名無し職人 :2006/11/22(水) 02:19:25
最近、「1万円からでよろしかったでしょうか?」の「から」は誤用だと
しつこく反駁する輩が増えているが、このような輩は日本語は「省略」を多用する言語であることを知らないのだろうか。

毎日何気なく使っている「おはよう」「ありがとう」という言葉でさえ、
「まだお早い時間ですのにおいでになるとは、ご健勝なことで何よりです」
「このようなことをしていただけるなんて、近頃なかなか有り難いことでございます」
という言葉がグッと詰まって省略されたものだ。

本来言いたい言葉をグッと縮めて必要最小限の言葉で表す、これが日本語の文化というものだ。
同様に、「1万円からでよろしかったでしょうか?」とは、
「1万円からこちらの代金1,108円をお引きしますと、お釣りは8,892円で、
小銭の量が多くなってしまいます。それは結局のところお客様のお財布を
かさ高くしてしまうことにつながり、たとえばお客様のジャケットのラインを美しく
保つことが困難になる恐れがございます。
そのような問題を防ぐ一つの手だてとして、お客様が今こちらの1万円に108円、
または110円を追加してお支払いいただければ、私どもがお客様にお渡しする
お釣りはそれぞれ9千円ちょうど、または9千2円ということになり、
お客様のお財布を軽々しくするのに貢献できるかもしれません。
お客様にはそのような選択肢もご用意されているわけでございますが、
本当に1万円からお釣りをお渡ししてもよろしいでしょうか?」

と、そのような文意が省略されている言葉なのだ。
そのような意味も分からず誤用誤用と叫ぶむなしさをこそ知るべきだ。
と、いうわけで、1万円からでよろしかったでしょうか?

小銭ねぇんだよ、いいから早く釣りくれ。

2008年07月28日 | ワラタ | コメント (21) このエントリーを含むはてなブックマーク

台所にいたのは

314 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/30(月) 02:04:59 ID:IAu44lWi
日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。
トントンと包丁の音、台所では妻が昼飯を作っているようだった。
テレビをつけて携帯を見ると一昨日妻に内緒で行ったコンパで番号を
教えてもらった女性から着信履歴があった。
寝巻きのポケットに携帯を入れて台所を横切ってトイレに急いだ。
小声でその女性と何でも無い会話をしていたらキャッチが入った。
妻からだった。
俺はこっそり電話しているのがバレてしまったのかと思い慌てて電話に
出ると「もしもし?今起きたの?娘が部活で怪我したみたいで今迎えに
行ってるからお昼は冷蔵庫のものをチンして食べて」と言われた。
電話の向こうから車の中のラジオの音も聞こえた。
電話を切らずにトイレを出て台所のドアをそっと開けて覗いて見ると、
台所の妻は携帯なんか持ってなくて、包丁を持って何もないまな板をただ切っていた。
手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている。
台所の妻と目が合ってしまった。ゾッとした俺はパニックになって家を飛び出して、
「早く帰って来い」ともう一度妻に電話をして、二人がが帰って来るまで外で待っていた。
妻と娘が帰って来てから状況を説明して、みんなで家に入ったが誰もいない。
台所には誰かが作った料理が家族分用意されていたが誰が作ったのか分からず、
妻と娘には寝呆けていたんだろうと言われたが、そんなわけはない。
それじゃあ料理の説明がつかないし、俺は料理なんて出来ない。
不思議だ。

2008年07月28日 | 怖い | コメント (13) このエントリーを含むはてなブックマーク

ビールの本数制限

347 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/17(日) 01:23:47 ID:67ATPFLq
昔、横浜の桜木町駅前にある吉野家で食っていた時の事。
推定65歳くらいのオッサンが牛皿と漬物でビール飲んでた。
ビールの追加を頼んだら、店員に本数制限で断られてた。
「固い事言うなよ」と粘ったがどうしても出してくれないので
「よし、兄ちゃんアンタの立場もあるからここは俺が折れるよ」と
突然物わかりが良くなって金を払って店を出た。

店を一歩出て、即、店に入りなおして
「兄ちゃん、一回店出たからこれで新規の客だ。ビールくれ」と。
店にいた客は大爆笑。

2008年07月28日 | ワラタ | コメント (9) このエントリーを含むはてなブックマーク

大盛り、ツユダク、ネギヌキで~

860 :おさかなくわえた名無しさん :2006/09/13(水) 10:59:46 ID:s5EWka1b
吉野屋での出来事
僕が牛丼を食べてたらDQNなカップルが入ってきた
彼氏「大盛り、ツユダク、ネギヌキで~」
店員「は?ネギ抜き?ですか?」
彼氏「あたりまえじゃ~ん、ネギまずいっしょ」
店員は渋々といった感じで牛丼のネギを丁寧に箸で取り除いてた
彼氏は渡された牛丼を食いながら、店内に響き渡る大声で
「まだネギ入ってるよ~、サイアク~」とほざいてた
店内は一気に不愉快な空気に包まれたその時
店の奥側にいた作業員風の3人組が席を立ち、帰りがけに彼氏に声を掛けた
作業員A「だまって食え!」
作業員B「ネギ食わねーからバカなんだ!」
作業員C「ネギにあやまれ!」
3人は一言づつ声を掛けて店外へ去っていった
僕は「カッコイイ~」と思い、急いで牛丼を食べ終えて続いて真似した
僕「好き嫌いしねーで食え!」
言い放って格好良く立ち去る予定だったが、僕だけDQNな彼氏に呼び止められ
店外に連れ出されボコられた

2008年07月27日 | ワラタ | コメント (16) このエントリーを含むはてなブックマーク

業界の陰謀

396 :名無し物書き@推敲中? :2006/12/25(月) 14:39:38
正月       神社+郵便+餅+おもちゃ業界の陰謀
成人式      酒+タバコ+和服業界の陰謀
節分       豆+寿司業界の陰謀
建国記念    右翼の陰謀
バレンタイン   チョコ業界の陰謀
ひな祭り     和菓子+人形業界の陰謀
ホワイトデー   洋菓子業界の陰謀
春分の日    寺業界の陰謀
端午の節句   和菓子+人形+こいのぼり業界の陰謀
黄金週間    旅行業界の陰謀
母の日      花業界の陰謀
父の日      和服+スーツ業界の陰謀
海の日      旅行+海の家業界の陰謀
暑中見舞い   郵便業界の陰謀
お中元      デパート業界の陰謀
土用の丑の日 うなぎ屋の陰謀
お盆       寺+和菓子業界の陰謀
敬老の日    入れ歯業界の陰謀
秋分の日    寺業界の陰謀
体育の日    スポーツ業界の陰謀
ハロウィン    洋菓子+おもちゃ+カボチャ業界の陰謀
文化の日    本屋の陰謀
七五三      神社+和服業界の陰謀
勤労感謝    ハンカチ業界の陰謀
お歳暮      デパート業界の陰謀
冬至       柚子業界の陰謀
クリスマス    貴金属+ホテル+おもちゃ業界の陰謀
大晦日      寺+麺類業界の陰謀

2008年07月27日 | シュール | コメント (14) このエントリーを含むはてなブックマーク

俺の部下

486 :おさかなくわえた名無しさん :2006/09/06(水) 15:34:41 ID:obBy7yZ1
5年ほど前の話しになるけど
俺が通勤のる電車には沿線に女子校がある為か、通学の時間帯になると
女子校生の一団(5~6名)が毎回乗り合わせてくる。
こいつらはグループで乗り合わせるらしく、高テンションのまま車内にはいると
大声で話すわ、携帯で通話はするわ、床に座り化粧、弁当を食いちらかす等
ほぼフルコースでやらかしてくれる。
以前こいつらを注意したサラリーマンのおっさんがいたが、散々悪態をつかれ
大声で「やだーおじさん援交たのんでんの?」や「顔見て出直せよジジイ」
などとありもしない罵声を集団から浴びせられ、顔を真っ赤にして次の駅で
降りていった。
他にも電車から降りようとする妊婦さんとすれ違う時、
「うわっ。デブが伝染する!」「よるな便所女!」等の暴虐ぶり。
人類とは思えないこいつらにはらわたを煮え繰り返しつつも、
寝たふりを決めこむ自分が悲しかった。


487 :おさかなくわえた名無しさん :2006/09/06(水) 15:35:15 ID:obBy7yZ1
そんな生活を送る中、
社内で人事異動があり自分の下に女性の新人がついた。
おっとりして少し天然がかった所のある新人だが仕事はきちっとこなしてくれ、
最初はたよりなかった彼女も徐々に仕事に慣れ、二人で担当していた作業も
無事ユーザへ納品することも出来きまずまずの成果を出す事ができた。
そしてこの日は早々に仕事を切り上げ、お祝いを兼ね内輪で飲みに行こうという
事になり上司含む3人でいつもの電車に乗りこんだ所で問題が発生したのです。
乗りこんでから駅を2つほど過ぎた頃、奴らが乗り合わせてきました。
そう。例の女子高生達です。
入ってくるなりハイテンション(いつもの事ですけど)
今日は全員でマックを食べながらの登場という相変わらずの無茶苦茶ぶり。
車内に充満する強烈な臭いと、大声で騒ぐ騒音。
私達3人を含み、車内にいる人間全ては腫れ物をさわるかのように避けていました。
2008年07月27日 | いい話 | コメント (23) このエントリーを含むはてなブックマーク

パンツ泥棒の犯人

8 :おさかなくわえた名無しさん :2006/08/29(火) 16:21:37 ID:OHq53lcc
中学生の時の話。
プールの授業が終わって教室に戻ってくるときに、
ある女子のパンツが無くなっているという騒ぎがあった。
で、犯人探しが始まったんだけど、なんか日ごろから俺のことを「キモい」とか
「不潔」とか影でコソコソ(といいつつ、結構あからさまに)なじってるグループ(男子)
がいてそいつらのリーダーが俺を指差して、
「○○くんがプールを途中で抜け出して教室に戻ってたから怪しいと思う」と発言。
たしかにプールの授業中は、各自練習する時間があって、
結構先生の目はゆるくみんな自由に泳いでいた時間があったから、
抜け出すことも不可能じゃないが、俺はそんな抜け出したりはしていなかった。
しかし、俺には友達がいなくて、誰も俺がプールの授業を抜け出していない
ことを証言してくれる人がいなかった。
結果、クラス中の罵声の嵐。俺の持ち物を全部机の上にひっくり返されて、
クラス中にさらされた。別に問題のパンツはおろか、
変な持ち物なんて一切なかったからいいけど。
そしたらリーダーが「どこかにかくしたんじゃね?」とかいいだして
結局俺の疑いは晴れなかった。

後で担任に職員室に呼ばれてキツく尋問されたが、俺は何にもしてないし、
ただひたすらやっていませんというしかなかった。
信じられないことにその場で担任は俺の母親を電話で呼びつけ、
事情を説明した。(事情といっても、俺が怪しいのではないかという勝手な
推論の押し付け・・・) 母は俺よりも担任の言うことを信じ、
「謝りなさい!隠してるパンツを早く出しなさい!」と俺を責める。
その場にさらに被害者の女子まで呼び出し、そいつの前で無理やり頭を
押し付けられてられた。
結局俺は最後まで認めなかったので、母親がキツクしかっておくことと後で
女子の家に謝りに行くこととパンツの弁償を約束し、その場は開放された。
結局、家に帰ってからは父親が俺の無実を信じてくれて母親を一喝してくれた
ので後日女子の家には行かなかった。

9 :続き :2006/08/29(火) 16:22:13 ID:OHq53lcc
次の日、教室に入るなり「変態」とか「パンツかえせ」とか罵声を浴びせられた。
俺は犯人じゃないといちいち反論してたら、リーダーが背中を思いっきり蹴ってきた。
ムカついたので蹴り返したらリーダーと取り巻きみんなに反撃される始末。
そこへ担任が入ってきて騒ぎの原因を問いただすと、
リーダーが「○○にパンツ返してあげなよってやさしく注意したらいきなりけってきた」と主張し、みんなも賛同。
また俺は呼び出しを喰らい、母親同席で厳重指導。。。

そのとき俺は何故かわかんないけどリーダーが犯人だという絶対の確信が
沸いた。
なんとか疑いを晴らすための証拠が必要だと思い、父親がICレコーダーを
持っていたことを思い出したのでしばらく借りることにした。
さっそく次の日朝早く教室に行って仕掛けにいった。
机の中に入れてもすぐ見つかってしまうので思案していたところ、
ちょうど奴の机は廊下側の壁に接しており、壁の上下の窓が開けてられたので、
廊下側に仕込むことにした。
廊下側はロッカーになっており、普段使わないような学習教材なんかをしまっておける。
そのロッカーの俺の区画の奥にICレコーダーを設置し、
ためしに奴の机でアーアーと普通くらいのボリュームで喋ってみた。
バッチリ明瞭な声で記録できた。

それから毎日、朝仕込んで夕方回収しては証拠となることを喋らないかどうか
聞いていたが、1週間たってもまったく証拠となるような発言はしなかった。
その間リーダーとそのトリマキはしつこく俺に暴力を振るったが、やり返すとまた
担任に事実を捏造してちくられるので黙って耐えた。
他のクラスメートも俺と目線をあわさなくなった。 焦りも出てきて、意を決して、
リーダーを放課後に呼び出してレコーダーの近くで「お前が犯人だろ」と
問い詰めてみたが、それでもボロは出さなかった。
「俺が犯人だという証拠でもあんのかよwww」っていう言い方に、
「俺が犯人なんだけどお前に罪をかぶせてやったぜwwwざまぁwww証明してみろホレwww」
的なニュアンスを感じ取ったがやや絶望を感じた。

妻が寝込んでます

290 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/12/19(火) 16:04:20 ID:gneaXSsuO
妻が風邪でダウンしました。
3日間寝込んでます
妻のじっくりコトコト寝込んだスープ付きパンティーを買って下さい。
500円でいいです。


291 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/12/19(火) 16:21:08 ID:taNqAFpF0
>>290
お前最低のダンナだなwwwwww

つ500


292 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/12/19(火) 16:25:55 ID:+cxjf4cjO
>>290
それはやっちゃいけない事。

つ5000


293 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/12/19(火) 16:27:46 ID:JOxZ6FO20
>>290
人としてどうかと思うよ。

つ5200


295 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2006/12/19(火) 16:35:04 ID:gneaXSsuO
>>290です。

言い忘れましたが、妻は56歳です。


296 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/12/19(火) 16:37:40 ID:taNqAFpF0

500⊂彡 バッ

2008年07月27日 | ワラタ | コメント (3) このエントリーを含むはてなブックマーク

裸の王様

790 :名無し職人 :2006/09/14(木) 19:24:12
ある一人の詐欺商人が王様に向かってこう言いました。

「これは愚かな者には見えぬ服です」

口車に乗せられて王様はその服を買ってしまいました。
そしてその服が気に入ったのか、毎日同じ服を着ていました。
しかし家臣たちは毎日、王の全裸を見せられてうんざりしていました。
堪えかねて一人の家臣が王に告げました。

「王は騙されております。賢者にしか見えぬ服などは存在しません」

すると王はこう言いました。

「知ってるよ」

2008年07月27日 | ワラタ | コメント (7) このエントリーを含むはてなブックマーク

見えぬ服

407 :名無し職人 :2006/11/28(火) 19:59:43
商人「この服は愚かな人間には見えぬ服です。王様ならばこの服の良さがお解かりでございましょう?」
家臣「何をたわけた事を言っておる!!衛兵!!この者を叩き出せ!!」
王様「待て待て。ふむ、確かに良い服じゃ。この服を100着貰おう」

商談成立後

家臣「王様。何故あのような事を・・・?」

王様「あの服をメイドの制服にしようと思ってな」

2008年07月27日 | ワラタ | コメント (11) このエントリーを含むはてなブックマーク

自衛隊の皆さんはヒーロー

587 :専守防衛さん :2006/03/01(水) 14:34:31
一昨年の夏、私は息子(5歳)を連れて家から車で1時間のところにある、
自然博物館の昆虫展に向かっていました。
ムシキングの影響で息子はとても楽しみにしていました。
あと数キロと言う地点で渋滞の最後尾に。
止まった瞬間、ものすごい衝撃に襲われました。
後方から来た大型トラックに追突されたのです。
一瞬何が起こったのか理解できませんでしたが、
すぐに追突されたと判断できました。
即座に助手席に居た息子の安否を確認しようしたのですが、
そこには息子の姿がありませんでした。
子供の名前を叫ぶと、助手席の足元から「痛い」という声が。
息子は衝撃でシートから足元にずれ落ち、挟まれていました。
正直半狂乱になってしまいました。
あのときの私は完全に冷静さを失っていました。


589 :専守防衛さん :2006/03/01(水) 14:44:13
半狂乱の私も足を挟まれて動けない事に気づきました。
動けない私は叫ぶしかなかったのです。

追突から時間にして1~2分でしょうか。
いきなり運転席側の変形したドアを無理やり開けてくれた人たちが居ました。
緑色のヘルメットに迷彩服の数人の自衛隊員。
私の足が挟まれているのを知った後、何やらバールのようなもので運転席をこじって、
後ろにずらし私を出してくれました。
「息子が助手席の足元に挟まれてます!助けてください!」
お礼の前にそう叫んでいました。
すると若い隊員さんは運転席同様、助手席シートを無理やりはずし、
潜り込むように助手席に入っていきました。
他の隊員さんと大声で作業指示しながら懸命に救助されていました。
数分でしたが私にとってはとんでもなく長い時間に感じられました。
そして息子は挟まっていた車体から外に助けていただきました。
2008年07月27日 | いい話 | コメント (24) このエントリーを含むはてなブックマーク

中国のネット検閲

61 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/07/26(土) 04:13:09 ID:HGGgONnp0
これ俺の実体験。

中国のネット検閲なんて昔から有名だろ?
どういうことが起こるか、出張中に実験したことがある。

ホテルのネットで「天安門」とか「六四」とか「西蔵」とか検索しまくってたら、
グーグルに接続されてたのが、百度という検索エンジンに転送された。

それでも懲りずに、今度はメールを自分宛に「独立」とか「民主」とか送っていたら、
ネットごと切断された。

ネットカフェに移動。

同じ事をしていたら、20分くらいたって私服警官が来た。
事情聴取さんざんされたうえで、調書をとられた。

2008年07月27日 | 怖い | コメント (12) このエントリーを含むはてなブックマーク

はじめての美容院

978 :名無し職人 :2006/08/01(火) 21:42:25
いつも俺は小心者で美容院なんておしゃれな所行けるはずもなかったんだ。
でもさ、こんな性格直したくて勇気を出して行ってみたんだ、美容院。緊張したさ。
近所に美容院があるんだけど凄くおしゃれでさ、店員さんもすごく綺麗
な人だったんだ。それでも行ったさ、こんな性格とおさらばするために。
心臓バクバクさせながら店に入ったらみんなが笑顔で
「いらっしゃいませ~♪」
って言ってくれた。凄く嬉しかった。
「今日は初めて?」
綺麗なおねえさんが凄く丁寧に教えてくれたよ。
んで美容院自体が初めてだって言ったらおねえさんは笑って
「よろしくね」
って言ってくれた。俺はどうして今まで美容院に来るのをためらってたんだろう
と思ったよ、ほんとに。んでさ、おねえさんがどんな髪型がいいかとか色々
聞いてきたんだけど、俺のわからないこととかほんとに優しく丁寧に教えて
くれるんだ。
シャイな俺も明るく振る舞えたよ。それで俺元々猫毛でもっと髪の毛に
ボリューム欲しかったからパーマ当ててみたいって言ったんだ。
「いいねぇ!絶対似合うよ!」
俺ってばもう凄く気分よくなっちゃってさ、自分の顔のスペックも考えずに
おしゃれな雑誌から超かっこいいおにいちゃんの頭指差して
「これ!まじこれかっこいいです!」
って言った。今思えばその時のおねえさんの顔がそれから起こることを
物語ってたんだろうな。
2008年07月27日 | ワラタ | コメント (4) このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカ人の親友

300 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/09/28(木) 19:02:09 5u8lR1u5
もう数年前の話・・・出張中の事。

赴任して数週間、新天地に馴染めず毎日酒場に繰り出す有様。
そんなある日、近くの居酒屋で自分同い年位の米国人男性と会った。
その人もなんとなく寂しそうなので一杯ご馳走する代りに、
話相手になってもらおうと思って、ビールご馳走してみた。

その男性は初めはビックリしてたものの、私の方を見て
「ありがとうございます」と流暢な日本語の返事と笑顔が。
そして、一緒に飲みませんかとお誘いが。
それで彼の話を聞くと、元々日本が大好きで、最近旅行で
日本に来てみたものの、やっぱりそこは見知らぬ地、
右も左も判らず、寂しく暇を持て余していたとのこと。
どうやら、その人も日本に暫く滞在するらしので、
時間がある時には一緒に飲もうと約束をし、その後
かなりの頻度で一緒に遊ぶ関係に。

それから約1年後、彼とはもう親友といって良いほどになっていた。
ある日、割りと馴染みにしていたバーに二人で行き、
そこで彼は「そろそろ、帰国しなければいけなくなった」と告げ、
「それで今までの感謝の気持ちとして、一杯奢りたいんだけどいいかな?」と。
それまでは、二人の間では基本的に割り勘が約束で、
安易に奢ったり、ねだったり等は二人ともしなかった。
その時は、私は割りと軽い気持ちで「じゃぁ、お願いするよ」と頼んだ。
そして、彼が頼んだカクテルを飲み、その日は何時も通り
酔っ払いになり何事もなく終え帰宅の途へ。
2008年07月27日 | 泣ける | コメント (9) このエントリーを含むはてなブックマーク

生きる意味

689 :癒されたい名無しさん :2006/04/04(火) 00:02:11 ID:TsqReHtD
友達が亡くなったのは6年前。
高校卒業後直ぐに職場結婚をしてすぐに長女を出産した。
出産直後に彼女の口から「乳癌で胸を切らないといけない」と聞いた。
妊娠前に既に病魔におかされていたらしく、胸筋から肩に掛けての
筋肉まで切除することになった。

その頃から彼女は「生きる意味、自分の人生」を見つめなおした。
ギャンブルに明け暮れているが子供に優しい旦那、
自分はこの男を愛しているのだろうか?

結婚したのは末期癌だった父に花嫁姿を見せたかったから。
安易といえば安易だけど結局具体的な理由なんてそんなもんだ。

旦那の浪費をカバーする為に子供が寝た後の深夜に病後だというのに
アルバイトに行き出した。辛いが結構楽しくやってると笑っていた。
そこで、副店長をしている人と知り合った。

決して不倫などはしなかった。ただ、好きになった。
健康とはとても言えない、ましてや乳房がひとつしかない。
黙って旦那と過ごすのが世間的にも当たり前の選択。
ましてや相手の気持ちなんか怖くて聞けないと言った。
2008年07月27日 | 泣ける | コメント (15) このエントリーを含むはてなブックマーク

隣のライバル

872 :おさかなくわえた名無しさん :2006/10/29(日) 02:37:35 ID:O89NM9Ny
どこ書いていいかいまいちわからんかったので
ここで呟かせてくれ。辛気臭い話だ。
俺、高校んとき結構勉強も部活も頑張っててさ。
特に勉強はやればやっただけ点数伸びてくのが楽しくなって、
毎日遅くまでやってた。
そんなとき、ふと窓の外を見ると、隣もまだ電気が点いてるんだ。
隣とそんな親交深いわけじゃないからさ、家族構成なんかも知らなくて、俺は
「俺みたいな受験生が隣にもいるのかな」
と思って、負けられないなとまた頑張って勉強した。
んで念願の大学入れてさ。二年生の夏だったかな。実家に帰ってみたら、隣で葬式してたんだ。
親に聞いてみたら、隣は定年を迎えた夫婦が二人で住んでて、その旦那さんが亡くなったらしい。
そうか、奥さんは辛いだろうなとか、俺はそのくらいに考えてた。
すると母は「隣の奥さんからあんたに伝言があるの」と意外なことを言い出した。
2008年07月27日 | いい話 | コメント (4) このエントリーを含むはてなブックマーク

綺麗な10歳上の従妹

559 :1/2 :2006/10/23(月) 13:40:45 ID:XICX7Ef90
俺には10歳上の従妹がいた。
綺麗な人で、とても優しい。
名前は由紀(仮名)と言った。
由紀は俺の明仁(仮名)という名を崩して「あっくん」と
呼んでくれていた。
近所に住んでいて年の離れた俺とよく遊んでくれた。
いつも一緒で大好きだった。
由紀が社会人になり遊ぶ機会は減ったが
幼少と変わらず懐いていた。

俺が中学に入学した頃、由紀は結婚した。
初恋のようなものを感じていた俺は正直、ショックだった。
結婚と共に遠くへ引越した彼女とは会わなくなってしまった。

それからしばらくして久しぶりに家へ遊びに来た。
長い再会までの期間と幸せそうな由紀の顔に胸が詰まった。
両親と楽しそうに会話を交わすリビングを抜け出し
自分の部屋へ戻ろうとしたが、由紀は追いかけて来た。
「待って、あっくん、久しぶり。」
「・・・うん。」
俺は階段を昇りながら答えた。
複雑な感情を割り切れないまま、何故か少しの苛立ちと少しの悲しみが混ざり
由紀の顔を見れない。
「ねぇあっくんってば。」
そんな俺の気持ちを知る筈なく俺の後ろをついて昇ってくる由紀。
呼ばれ手首を掴まれた。
軽い力だったのに、心臓が痛いくらい跳ねて、それを振りほどいてしまった。
一瞬。
階段でバランスを崩した由紀は呆気なく落ちていった。
派手な音が耳に入って動けなかった。
2008年07月27日 | 怖い | コメント (23) このエントリーを含むはてなブックマーク
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。