気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推理小説

652 名前:通常の名無しさんの3倍[sage] 投稿日:2008/09/28(日) 08:06:21 ID:???
それは今まで普通に推理もの書いてきた作家の小説で、以前の作品が面白かったから
知り合いに借りてみた。
前回と同じ探偵が登場して謎を解くって話だから、まあその探偵にも多少愛着が湧いてた訳だ。

お約束の殺人事件が起きて、探偵と相棒の青年はなんとか犯人の目星を付ける。
しかし犯人にはどうしても崩せないアリバイがある。

うわこれどういうトリックでくんの?ダメだ全然分かんねー!ってwktkして読み進めた結末が↓



・なんと犯人は妖怪だったのだ!

・だからタイムスリップして殺人を犯す事が出来たのだ!

・その謎を解く事が出来たのは、探偵の相棒も妖怪だったからなのだ!



ちなみに相棒が妖怪だって事は探偵すら知らなかった。
なのでクライマックスでこの相棒は、探偵に自分の正体がバレないように不思議な力で
時間を止めて、その間に犯人である妖怪と決着を(ry

もう絶対この作家の本は読まないと心に決めた瞬間だった。
借り物じゃなかったら絶対破り捨てていただろう。



2008年09月30日 | ワラタ | コメント (33) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
そこまでひどいと逆に読んでみたくなる
>>652は読解力がなかったのか
だいたいあれ妖怪じゃないし、ちゃんとミステリ的なオチもついてる
↓作家名かタイトルおせーて!
殊能将之だっけか。
ハサミ男読んだら、この人の本、すべて好きになるよw
「黒い仏」な
これだけ単品で読むと心の底からクソ小説だが
「キマイラの新しい城」と一緒に読むとなかなか良い
っつーか、殊能将之のミステリーは他のミステリーに喧嘩売ってるような話ばっかりで面白いぞ
その次が「鏡の中は日曜日」だから飛ばして読めばよかったのに
と、実体験

いや、正直駄作はあれだけ
小説じゃないし、マンガだし程遠いけど
いっそジョジョを読め

謎はあれどいっさい推理する気なくさくさく読めるから
東野圭吾の名探偵の掟かなんか思い出したわw
いや、ジョジョはもう真っ向からジャンルが違うくないか?
読んだことないけど
まあ、これは作者も狙ってやったことだからさ・・・許そうや。
なんだっけな…主人公の視点で話が進んで、終盤探偵が登場して、犯人は…
実 は 主 人 公
というクソ小説思い出した
もうその作家の名前すら思い出せないがな
孤島で殺人で…ってありがちなやつで
wktkしながら読み進めていったのにな
あれはトラウマ
↑ アクロイド殺し のことか?
それは名作だろうし
今の作品なら主人公が犯人なんて可能性は
最初から考えておいて当然じゃないか?
>>NO.12968
新本格の出発点といえる。これを楽しめるかどうかで進む道が分かれるであろう。

十角館って主人公視点のやつが犯人だっけ?
ハサミ男は最高に面白かった
こういうもんだと思って楽しんだら面白いけど、完全にフェアなのが好きな人は、本をぶん投げるかもしれない。

主人公視点の人が犯人とか、そういうのを「反則!」って言う人は、殊能将之とか読まないほうがいいと思うな。
12970に前面同意。
アクロイド殺し…ぐぐってみた
なるほどー叙述トリック・『信頼できない語り手』の手法ってのがあるのだな

一度読んでみるか…
餓狼の弾痕って小説がすごかった。
1章が20ページぐらい?で
 強盗目的で政治家の家に行ったら誰かがレイプされてた。
 目当ての政治家以外はボディーガード含めて皆殺しにした。
 戦利品は現金が~円、株が~株、その他証券が~。
ってのを10章以上、政治家の名前と戦利品の数字だけ変えて繰り返して、それだけで話が終わる。
戦利品の項目だけで半ページぐらいあったかな・・・。
これ読んでると統合失調症の人を相手にしてるような気分になってくる。
俺は京極のウブメでコレを体験したな
本ぶんなげた
銀の檻を溶かして、とかそんなタイトルの本は壁に投げたが
六枚のとんかつは大好きだww
清涼飲料水かと思ったら、違うのかw
そろそろ「殺害方法は波動拳」だった推理ラノベの名前が出てきてもいい頃だ
ウブメの夏は妖怪が実世界に出てこないだろww
しかも別段変じゃないしww
見えないとかよくあるだろww
変人探偵にはちゃんとみえてたしww

妖怪が実世界にでてくる推理小説っておかしいだろjk
※3だけど教えてくれた人ありがとう^^
どれがどれか分かんないから全部チェックしてみるわ
コズミック

読んでみ。
半日をどぶに捨てることになるから
※13023
あれはまじで本をぶん投げて即売りに行った。黒い仏や六枚のとんかつとかは好きだけど、清涼飲料水はもう絶対よまねえ。
つーか、これが「黒い仏」の事だとしたら解釈間違ってね?

過去に遡って殺人を犯したんじゃなくて、探偵の語った言葉通りに過去を作り替えたんだよ。

後期クイーン問題への解答としては実にスマートだと俺は思うんだが。
黒い仏は結構好きだけど、怒るのもわかるww
NO.12968は設定を見る限りアクロではないよな
アクロイドのトリックは、
ほかのポワロものを読んでからの方が楽しいと思う
ウブメは分厚いのに途中で話が分かってしまうから残りを読むのが億劫だった。
ひぐら・・・ゴホンゴホン
12968のは「浅見光彦殺人事件」か?

ゲームだがEVER17も似たような設定のクソゲーだったな
一応ネタばれ注意。



12968は「探偵が最後に出てきて」とあるから
「夏と冬の協鳴曲」

殊能さんは作風がパロディ・オマージュというスタンスなのでそこを許容できない人にはすすめられない。
その中でも「黒い仏(=クロフツ)」は特殊すぎる。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。