気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石に願いを

292 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:05:32
小学1年のころの思い出です。
学校から帰るとき、いつも一緒にいる女子がいた。家が近くて、
待ち合わせしていたわけじゃないけど、なんとなく毎日手をつないだりおしゃべりしたりして
ふたり並んで下校してた。
冬になったばかりのころ、その年初めての雪が降ったある日、
彼女が帰り道の途中にあった月極駐車場(石ころだらけの)に突然入りこみ、
石ころをひとつ、宙に放り投げた。幼い僕は不思議に思って、
「どうしたの?」と尋ねた。すると、彼女はいつも通りの笑顔でこう言った。


293 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:06:27
「あのね、うちのお父さん、病気なの。だから、ここの石さんにお願いしてるの。
 お父さんの病気が治りますように、って。この石を投げて、落ちてくるまでに
 お願い事が言えたら、願いは叶うんだよ。これ、○○君にだけ教えてあげる。
 絶対秘密だよ。」
僕は何も言えなかった。僕は、とりあえず一緒にひとつお願いごとをしてその日は家に帰った。
その晩、僕は寝付くことができなかった。
僕は彼女の親父さんの病名を知っていた。
「悪性リンパ腫」たしかそんな名前だった。
年が変わる頃、僕の願い事は叶った。怪我で入院していた祖母が
帰ってきたのだ。嬉しかったのに、どうしてか寂しかった。
新学期、学校にいつも一緒だった彼女の姿はなかった。

「あの子のお父さん、急に容体が悪くなって、昨日入院したのよ。」
母からその話を聞いたとき、僕の足はあの駐車場に向かっていた。
1つ。2つ。3つ。いくつもいくつも石を投げ、何度も何度もお願いした。
僕は知っていた。いつかこんな日が来ることを。
ただ、こんな日はあともうちょっと後のことだと思っていた。


294 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:16
始業から一週間後、彼女は学校へやってきた。
「おはよう。あのさ、お願い、・・・」
その後は聞けなかった。
「大丈夫!」笑顔で答えた彼女の眼は真っ赤だった。
僕の願いが叶った時、彼女の願いは叶えられなかった。
僕は自分を責めた。僕は彼女の願いを横取りしてしまったのだ、そんな風に
考えるようになっていた。
ふたりで毎日歩いたあの道を、いつしかひとりで歩いていた。
それから数日後、彼女が引っ越してしまうということを聞かされた。

そして僕の足はまたあの駐車場に向かっていた。
そこの石の中で、一番丸くて、一番白くて、一番すべすべな石を、
日曜日の朝から五時の鐘が鳴るまで探し続けた。
次の日、僕は初めて学校を遅刻した。


295 名前:大人になった名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/24(月) 21:07:54
引っ越し業者のトラックはすでにやってきていた。
「どしたの○○君。今日は学校でしょ。」
「これあげる。」
昨日一日で見つけた石の中で、最高の石だった。
「ごめんね。」
彼女が泣いた。大声をあげて泣いた。初めて見た彼女の涙だった。
僕の着ていたトレーナーが彼女の涙と鼻水でグシャグシャになった。
「僕のこと、忘れないでね。」
「ありがとう。ありがとう・・・」
彼女の唇は、涙の味がした。
母親に促され、彼女は泣きながらトラックに乗り込んだ。
トラックの窓越しにまだ泣いている彼女に、僕は笑ってほしかった。
結局、僕が見た彼女の最後の笑顔は、真っ赤な眼をしたあのときの笑顔だった。
僕はあれから、できるだけ笑顔で生きようと思った。
いつか彼女と再開するとき、笑顔で会えるように。
今、彼女は笑っているだろうか。
あの石には、そうであるよう願いをこめてある。

長々と読んでくださり、
ありがとうございました。

2008年11月27日 | 切ない | コメント (19) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
うんうん。
2008/11/27(木) 06:31 | No.21059 | URL | k #-[ 編集]
小学一年も別れはキスなのか
創作だろ。
いかにもな文体があってわかりやすい。

40点
2008/11/27(木) 08:03 | No.21063 | URL | りむ #-[ 編集]
なんでも創作に持っていこうとする21063の発想は3点。

いつか、その子と笑顔で会えるといいね。
涙の味がするキス
(*^3^)プライスレス
あかりはビッチってことですね。
※21067
※21063はこんな可愛そうな子はいない!これは創作だ!と泣きながら書いてる。
そう考えるといいツンデレ。
彼女と再会出来たらいいね。
悪性リンパ腫でもホジキンなら治るんだけど
NHLだと、結構予後悪いんだよね

でも引っ越しちゃったってことは…
朱川湊人のいっぺんさんを思い出した。
こんな経験をした僕も今では立派なキモオタニートです。
つーか創作でも釣りでもいいじゃねーか。
要は実際にそんな状況に遭ったり聴いたりした時
自分はどう感じるかって事だろ。
創作でもいいけど、それならキスはないほうがよかった
コメント含めて気持ち悪ぃわ
創作だ作り話だって…
物事なんでも疑って見て人生楽しいか?
妄想は一日二回までにしましょう
文章の真ん中辺にある
「僕は知っていた。いつかこんな日が来ることを。
ただ、こんな日はあともうちょっと後のことだと思っていた。」
って、西原理恵子の「ぼくんち」に出てくるフレーズとまったく一緒。
創作か本当に体験した話かは わからないけど、本物の思い出なら なおさらこんな真似した文章書いてほしくないな。なんか残念。
>長々と読んでくださり、
>ありがとうございました。

なぜか笑ってしまった
律儀な人だなw
小1の子が「悪性リンパ腫」という病名を
知っていたがために色々察して眠れなかったとか
なんか色々突っ込みどころが多い上に
きれいに書こうとした文章が逆に自分に酔ってるように見えて
素直に読めんなあ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。