気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の父

698 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/01(金) 22:00:17 ID:K3HdKltD
俺の父は裸一貫から会社を興しそこそこの金と地位を築いた
言い意味でも悪い意味でも古い昔の男を地で行っていた
俺は一番下の子供として生まれたが上3人とは腹違い
つまり、愛人、昔の言い方だと妾との間にできた子供だった
母は俺が小さいときに亡くなり父に引き取られることとなった
新しい家では父以外はみんな敵だった!
義母、兄弟からのいじめは凄まじかった・・・
何度も家を出ようと思ったがそれでも父はまだかわいがってくれたこと、
母の「お父さんの言うことを聞くんだよ」と死に際の言葉が俺を留まらせた
大学進学のときに俺は兄弟の中で一番ランクの上の学校に進めるだけの
学力があったのだが義母、兄弟は生意気だと大反対
父も保守的だったので「お前がそこに進学すると上の立場がなくなる」
の一言で家を飛び出し一人で暮らすことを選んだ
奨学金とバイトとそれまでほとんど使わないで貯めたこづかいで
大学生活を有意義なものにでき友達、恋人と友好を深めた
卒業後、それなりの会社に就職し、数年後に友人と会社を立ち上げて
順調に業績を伸ばし結婚もしてそれなりの人間として生活していたとき
実家から父が倒れたと連絡があった
何年ぶりかで脳梗塞で倒れて半身が麻痺した老いぼれた父と対面した
その横で義母と兄弟は誰が父の面倒を看るかでもめていた
その光景を見たとき俺はこの家族に対して無形無言の復讐が
できたのではないかと思えたがなぜか喜びより涙がでた
帰宅し嫁に話をするとうちで面倒を看ようと言ってくれた
「あなたのお父さんなんでしょ?私の父でもあるから」
俺は心からこの嫁と一緒になれてよかったと思って涙した
一切の援助はいらないからと言って父を引き取った
義母と兄弟たちは大喜びして父は無言で目を閉じ涙を流した
その後、父は少しづつではあるが一人で行動ができるまでに回復
義母と兄弟たちは父の築いたものをすべて食い潰してチリジリに・・・
父はなにかあると俺と嫁にありがとうと手を合わせると俺はこう言う
「お父さん、あなたは長生きして言いたいこと言ってくれていいんですよ
あなたの言うことに反発して成功することが僕の復讐と生きがいですから」

2008年12月09日 | いい話 | コメント (20) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
最後の読み方で荒れる予感…
いずれにせよ父親が子供作んなきゃよかったっつー話。
ヒント:ツンデレ
「そそが観たい」で嫁にまたがらすんだろ
「そそやない、外や」でも嫁そのままにすんだろ(反発)
嫁のマンマン見ながら逝く父に「お父さん(成功)」


・・・寝よう
環境が劣悪の中で育った人間で、そんな順調に人生
歩めるとは思わない。世の中反骨心だけで上手くいくはずが
ない。ちょっとはひねろよ作者。
こうゆう人もいる。
で、いいじゃねーか!
ひねらなくていいよ。
できた嫁でよかったねぇ
相手に家庭があるのに産む母親もどうかと。
前妻の子ならともかく、浮気相手の子を自分のこと同じように育てられる人間は少ないと思う。
父親が愛人作んなきゃよかったっつー話。
まさしくオヤジの巻いた種
2008/12/09(火) 02:14 | No.22885 | URL |   #-[ 編集]
俺は好きだ
>>22872
ひね「ろ」じゃなくてひね「れ」な
煽るときくらい日本語正しく使おうぜゆとりさんよ
愛人作りは犯罪にしないか?
少なくともこの「俺」に何の罪もない
要は
長生きしてくれってことだろ
いい話じゃねぇか
だからなんだというお話
…この人、俺の親父かもしれない…
若い頃の境遇が恐ろしいほどに似通っているのだが。
Living well is the best revenge.を地で行ってるな。かっこいい。
とりあえず読点と句読点をちゃんと付けて欲しい
人間にとって復讐はもっとも甘美な感情である。

ってだれかがいってた。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。