気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八木アンテナ

719 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2006/08/19(土) 12:40:05 0
八木秀次

1925年、八木秀次によって世界初の指向性アンテナの原理が発見され、八木アンテナが
発明されました。
いまでは、どの家にもあるテレビアンテナになっています。
3本の素子を基本にして平行に並べ電波を効率良く受信・発信する構造のアンテナです。
簡潔にして無駄のない八木アンテナは、はじめからほとんど改良の余地のない高い
完成度をもち、超短波用アンテナとして外国の模倣を許さないものでした。
八木アンテナは、八木秀次が私財を投じてかろうじて特許を取得したものの
当時の日本科学界は西洋崇拝が強く「日本人の発明で重要なものはあり得ない」として
当時の学界では受け入れられませんでした。
八木アンテナは一部に知られただけで、それを記載した八木の論文は、日本で忘れられました。
その特許も国から延長が認められず消滅してしまいました。
そもそも*テレビやアンテナについての当時の日本の研究・開発は、世界的に
リードしていたにもかかわらず科学界や国から認められず埋もれてしまい、大変惜しいことでした。
特に精神主義をふりかざす軍人は、八木アンテナレーダーの有用性を頭から
認めませんでしが、八木アンテナの論文は、海外で評価され超短波用高性能アンテナ
として認められていきました。
(*1926年に高柳健次郎がブラウン管式テレビの実験に成功している)


720 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2006/08/19(土) 12:43:47 0
1941年太平洋戦争が起き、シンガポールを攻め落とした日本軍は、そこのイギリス軍の
レーダーアンテナが八木アンテナであると知らされました。
アメリカ軍も八木アンテナを装備し、攻め寄せる日本の飛行機を300km前から
レーダーでキャッチし迎撃しました。闇夜でもレーダー射撃で正確に日本艦を撃沈し、
日本軍はやっとレーダーの威力とその重要性に気付きました。
しかしもう後の祭りです。日本はアメリカに破れ、無条件降伏しました。
八木アンテナがアメリカのレーダー等に使われ日本が負けたことについて当時の世間は、
発明者の八木秀次を国賊よばわりしました。
八木秀次の世界的な発見・発明である八木アンテナを敵である英米は認め、それを活用し
戦いに勝利しました。
反対に日本は、日本人である八木秀次の発明を理解せず軽視しその結果敗北し、
挙げ句の果てによけいな発明をしたとばかりに冷たくしました。
自国の優れた発明を使いこなせなかったことを棚に上げて八木秀次個人を責めるのは、
天につばをするようなものです。
当時の政府要人や帝国陸海軍は、大和魂などの精神主義に陥っていたため先端科学を
理解できず惨禍を招いてしまったのでしょう。
そしてそれは、日本人の短絡性と同時に当時の社会の半封建的後進性を示しています。

まだ、この話には余談があります。
八木アンテナの特許を政府は消滅させてしまい、また外国特許保有の財政支援もせず
冷遇した為、日本の八木アンテナの特許権は失われてしまいました。
ところが戦後まもなくテレビが世界中に普及した時、八木アンテナも同時に
全世界に普及しました。
VHFテレビ電波を受信するには八木アンテナ以外にないのです。
もし、この時代この特許を日本が確保していたらおそらく世界に数億台のテレビと
同数売れた八木アンテナから莫大な特許料が日本に入り、日本の戦後復興は
大いに助けられたことでしょう。
もし、八木アンテナ発明と同時期の高柳健次郎の電子テレビ実験成功を評価し、
研究支援を行ってテレビの発明・実用化に成功していたならば、日本は、テレビと
テレビアンテナの両方を発明し、その恩恵は測り知れないものになっていたでしょう。

2009年01月09日 | 感心・深い | コメント (27) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
日本人が開発
   ↓
日本で認められず
   ↓
海外で主流となる
   ↓
日本に逆輸入される

こんな発明がいくつあったか・・・
げと
歴史を語るうえで「もし」はダメなんだよ!
でも……悔しい!感じちゃう!ビクビク
今でもそういう所が変わって無いのが悲しい
おいおい、宇田先生も忘れんなよ?
光ファイバーもそんな感じじゃなかったっけ?
飛行機も入るか?
日本の成り立ちからして仕方ないことなのかも知れんが・・・
日本こんなのばかりだよな
そりゃ研究者も逃げるって
そんだけ政府に先見の明があったら
戦争すら起こさないだろうけどねw
表記が八木・宇田アンテナでない時点で
この文の作者も文中の典型的な日本人なのは判った
通信分野では無線も有線も日本の技術は重要な発明が多い
無装荷ケーブルの松前といい
東北大学閥の研究者は東大京大閥の争いの影で
割を食うばかりという側面も有った
この人の文章は内容が重複してる箇所があるから、もっと文章を整理して書けるようにがんばりましょう。
まあ国の中枢が無能なのは昔も今も変わらないわけで
八木に電流走る
すごく哀しくなった。
今知っても意味無さすぎて。
これ、結構正しくない内容だって
以前指摘あったよね
日本軍にもレーダーあったよ
嫌だからそれが八木アンテナなのかって話だよ

レーダーを軽視してたってことなんじゃないの?
これは八木さんも結構、あくどかったんだよ
当時の日本には電波の技術を受け入れるだけの科学技術の地盤がなかったから
手っ取り早く実用化されそうな海外に技術を売った
自分の金儲けのためにね

今だと別に当たり前だけど
国民一丸御国のためにって雰囲気の当時なら非難されても仕方なかった
まあ今も昔も(有能な)理系技術者の扱いは下手なんだろうな
この間のノーベル賞からも見える
なんか韓国みたい
でも、ね・・・
だからといって大和魂を貶めるのは間違ってる。
ついでに言うと、電気系に進むとこの話に裏があることがわかる。
基礎工業力が低かった時点でレーダーばっかに力を入れることができなかった。

っていうか時代背景とか、そういうのを意識しないで
結果論で非難だなんて、印象に操作されすぎだろw
自分が一番、非難している戦前の考えと似通ってることを知れ
>NO.27458:
時代背景とか、そういうのを意識して
ぐ・た・い・て・き・に
過程がどうで、結果的にどうなって、どう印象操作されてるのか
説明をお願いしますw
軍は今から見て非常にアホな、先端すぎる研究だっていっぱいやってるぞ。
限りある研究予算をどこに注ぎ込むかでミスをしただけで、
精神主義のため先端科学を理解出来ずってのは、滅茶苦茶な説明だ。
言っているこいつが一番冷静ではないぞ。
フロッピーもダヨね。
日本じゃ企業が相手にしなくて外国に売ったってのは。
実は日本人の優れた発明を一番理解してないのは
日本という罠。
日本人が創り出し、ごく普通だと思って使っていたものが
実は世界的には絶句するような発明だったりとか

日本で抹茶アイスを食べた外国のアイスメーカーは
何でこんなに美味いアイスを日本だけで食べてるのか。
なぜ世界に出さないのか。って。
>NO.27458
責任を曖昧にしたいんだろうけど
「できない」のと「やらない」のは違う。

空気信管なんかでも、
個人が工場長にアイデア出して却下。
工場の片隅で試作。
自国以外が作った実物を見て、軍部の偉い人びっくり
「実はうちでも考案中でした」→「早く出さんか!」てのがあった。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。