気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツンデレ爺ちゃんの告白話

139 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/25(水) 19:15:28 ID:mDX0s2HS
遅レス、スマソ
>>29
爺ちゃんは生きてるが、昔、婆さんに告白した時に恥ずかしさの余り、川に飛び込んで流れていった事があるらしい。


174 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 17:37:22 ID:QaAnjMUq
爺ちゃんの告白話聞けたので、書き込ませてもらいます
スレ違い、スマソ

地元のとある橋の上に婆ちゃん呼び出した、爺ちゃん。
この時戦時中、爺ちゃんは兵隊、軍でも有名な頑固者。
婆ちゃんと爺ちゃんは家が近かったから、昔からの顔なじみだったらしい。
橋の上に呼び出された婆ちゃんは、告白されるのかな、と思ったらしい。
しかし昔は、女は男をたてる世の中、自分が爺ちゃんの気持ちを汲んで、自分が先に告白すべきと思って橋で待っていた。
でも爺ちゃんは、なかなか来なかった。
昼に待ち合わせたはずなのに、日が傾いてからやっと来た。
そして橋の真ん中で爺ちゃん、婆ちゃんの両肩を掴んで一言「聞いてくれ」と言った。

以下婆ちゃんと爺ちゃんの話を総合した文章
爺「わ、わし…は、お、お前のことが、す、好かんでもない」
婆「○○さん(爺ちゃんの名前)?私、○○さんの事が…」
爺「わし…、わし…、わし…、○○(婆ちゃんの名前)が…、す、しゅきだ…」
婆「私もです…」
爺「そんなの、と、当然じゃい!」
婆「…はい(^^」
ここまでは良かったけど、爺ちゃん、かんで『しゅき』と言ったことを思い出して、真っ赤になったらしい。
そして欄干をいきなり飛び越え、川へ落下。
川に着水そして、対岸に向かって泳ぎ始めるが前日の雨で流れが速い。
更に服を着たままの爺さん、対岸まで泳いでたどり着けず、どんどん流されて見えなくなった。
そして遠くから爺ちゃんの「ぬあ~~~~!」と言う雄たけびが聞こえた。

夜のことも書きたいが、後ろで爺さんがこの文章読んでしくしくと泣き出したので、途中ですがこの辺で失礼させてもらいます。
189 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 23:52:46 ID:QaAnjMUq
スレ違いの続き、スマソ
多分これで終わりだから。

流れていった爺ちゃん。
町内会の人を婆ちゃんが呼んできて、懸命の捜索をしたにも拘らず、爺ちゃんは見つからず。
婆ちゃんは『告白されていきなりこんな別れなんて有りか!?』と嘆いたらしい。
日が傾きかけていたのですぐに日が沈み、その日の捜索は打ち切られた。
家に帰った婆ちゃんは頭の中真っ白で、布団に倒れこんで泣いてたらしい。
深夜二時。
柱時計の鐘の音で婆ちゃん目を覚ました。
夢現だったので、よく分からなかったが遠くから足を引きずる音が聞こえた。
なぜか直感で「あ、○○(爺ちゃんの名前)だ…」と思ったらしい。
でも、今は草木も眠る丑三つ時…。
もしかしたら爺ちゃんが一人じゃ寂しいから迎えに来たのかもしれない、
婆ちゃんは思って塩を持って玄関の石畳で待ち構えてた。
ずるぅー、べしゃ…、ずるぅー、べしゃ…。
足音が遠くから、家の前まで来て止まった。
うっすら月明かりで玄関の擦りガラスの引き戸に、人影が写った。
紛れも無い、爺ちゃんの影だったらしい。
恐る恐る婆ちゃんは引き戸の鍵を開け、身構えた。
爺ちゃんらしき影は、引き戸の鍵が外れると同時に引き戸を開けた。
婆ちゃんは開いた瞬間に、握っていた塩を影にぶつけた。
そうしたら、影がこう言った。

影「お前を嫁に貰わんと、死んでも死にきれん…」


190 名前:27[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 23:53:36 ID:QaAnjMUq
長かったので >>189 の続き

影はやはり爺ちゃんだった。
足に巻いてたゲートル(包帯みたいな奴)が解けて、引きずりながら海の方から戻ってきた。
婆ちゃん、ほっとして泣き崩れたらしいよ。
でも、爺ちゃんも泣きそうになってたらしいけど、頑固だから照れ隠しに怒ったらしい。

以下、爺ちゃんと婆ちゃんの話より
爺「ふん、お、お前の為に戻ってきたんじゃない、これからのわしの家族の為に戻ったんじゃ!」
婆「…はい。」
爺「いや、でも、まあ、あれだ。わしはお前のこと考えたら口から心の臓が出そうになる…」
婆「私もです…。」
爺「…。」
婆「…。」
爺「その、あのだな、…心配かけてすまなかった……。」
婆「グスグス…。」
爺「ええい、もう泣くな!わしは死なん!御国の為に、お前の為に、必ず生き抜く!」
婆「……はい。」

爺ちゃんと婆ちゃんはその後結婚。
誓いの言葉通りに爺ちゃんは満州で終戦を迎え戻ってきて、婆ちゃんと結婚生活を送り一男一女を儲け、今に至る。
今爺ちゃんは、孫の俺と妹を見ると目がへの字になってものすごく可愛がってくれる、昔の頑固さなど微塵も感じない。
けど、婆ちゃんを思う気持ちは昔のままだなとすごく感じる。

2009年01月27日 | 和む・萌え | コメント (23) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
爺ちゃん可愛いな
こんな夫婦になりたいな
カテゴリ ワラタ?
じいちゃんかっけええぇぇ
ワロタww
これはいい
カテゴリ「萌え」じゃないのかー
じいちゃんww和んだ
何度も読み返してしまった
まさに「頑固者」のステレオタイプだ。実にいい
ちきしょー幼なじみとか嫉妬しちゃうわー
ここまでツンデレ無し。
まさに昔は良かった、だな。
男はしっかりしていて、女は一歩下がっておしとやか。
理想、在るべき姿だなぁ~
じいちゃんも可愛いがばあちゃんも可愛い。
こういう夫婦っていいな。
いい夫婦だ・・・ ちょっと男をたてるいい女になってくる
2009/01/27(火) 13:51 | No.30749 | URL | 名無し #-[ 編集]
ツンデレって何?性格がものすごく冷たい人の事?
これからは周りの人からしっかり者とか頑固者って言われるように生きていきます。
羨ましいお(´・ω・`)
俺には決して手に入れられることの無い(´・ω・`)
幸せだお(´・ω・`)
何だかんだで大切な台詞は
ビシッと言ってのけてるんだよな。
漢じゃのう。
2009/01/27(火) 15:52 | No.30763 | URL |    #-[ 編集]
この婆ちゃんいい女過ぎだろ……
>塩を持って玄関の石畳で待ち構えてた

しかし殺る(除霊する)気満々だぞ
恐る恐る婆ちゃんは引き戸の鍵を開け、身構えた。
爺ちゃんらしき影は、引き戸の鍵が外れると同時に引き戸を開けた。
「破ァ!!」
背後から声が聞こえた。隣に住んでいる寺生まれの丁さんだ。
丁さんが放った光球は、爺ちゃんの体を木っ端微塵に吹き飛ばした。
「やれやれ、いよいよ明日出兵だってのにおちおち眠れやしねえ」
そう言うと丁さんは振り返りもせずに黙って去って行った。
やっぱり寺生まれは凄い、婆ちゃんはそう思った。
>>NO.30816:
流石Tさん・・・と思ったら丁さんかよw

それにしてもいい夫婦だ
握っていた塩を影にぶつけた。
いい話だ。
>>NO.30743:
そうなんだが、その男のプライドのせいで
爺は川を流れて行ったわけで…w
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。