気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった一つの日記帳

160 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/03/08(日) 23:38:39 ID:eDYzFU4/
ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。
「おかあさん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。
5月16日
明日は楽しい楽しいクリスマス。 プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。
5月17日
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。

5月18日
昨日はとっても楽しかった。サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?

9月33日
時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。

12月65日
今日ね、お外に出てみたの。
そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。でもみんな変な色だった。なんでかな?

少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。 そう。少女は、気付いてしまったのだ。そう、少女は気付いてしまったのだ。

2009年03月09日 | 謎解き | コメント (33) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
何に気づいたんだろう・・・
2009/03/09(月) 15:19 | No.37658 | URL | は? #-[ 編集]
怖い・・・
全然わからぬ
日付がおかしいのはわかるのだが。。
これ中絶だったか胎児だったかの話だっけ?
キチガイ文章
解説してくれ
大切な事だから3回言いました
三回気付いたって言ったんだから産気づいたとかwww
ないな。意味わかんね
ナポリたんと一緒で、一見、意味がありそうで、実は意味の無い文章って奴だろうか。
おろされた子供じゃなかったっけ
クリスマスもおかしいよね(オーストラリア?w)

病床で、頭働いてなかったのかな・・
「パプリカ」思い出したw
2009/03/09(月) 16:32 | No.37673 | URL |   #-[ 編集]
>三回気付いたって言ったんだから産気づいたとかwww
そういう発想嫌いじゃない
ナポリタン
そもそもこれって、本当に謎解きなん?
管理人さん…、解説頼みます…。
ああ...
久々にぞっとした
これはナポリタン
これもナポリタン
ナポリタンがこない。
むしろ管理人には、なぜ今更このコピペを載せようと思ったのかを解説していただきたい
意味わかる人がいたら、この文の意味を教えてくれませんか?
「ナポリタン」のおかげで、意味がわかった。
だけど解説するのはタブーな気がするので、伏せておきます。
答えを知りたい方、ごめんなさい。
意味なんてないだろ
怖いオチが有名ですよね(時計の針→堕胎手術で使用する道具など)。
でも、こっちのオチが好きなので掲載しました。

-------------
ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。
「お母さん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。

『私の娘へ。
 あなたがこの日記を読んでいる時、
 私はもうおそらくこの世にはいないでしょう。
 私の顔を全く憶えていないあなたに、
 この日記を贈ります。

 生まれてすぐに、あなたは
 あなたのお父さんの手により、私のもとから離れました。
 私はユダヤ人ですが、お父さんはそうではありませんでした。
 だから私のもとにいると、生まれたばかりのあなたまでもが
 ゲシュタポに逮捕されてしまう可能性があったからです。
 (サンタの正体・プレゼントがない理由)

 私はいずれ、ナチスの強制収容所に入れられてしまうでしょう。
 幾日かをそこで過ごした後に、
 多くのユダヤ人の仲間たちと共に殺されてしまうはずです。
 私はいつでも神を信じ、けっして希望は捨てません。
 しかし、なぜ彼らはこのような非道な振る舞いをするのか、
 私にはわかりません。
 (近づく時計の針・変な色の人たち)
 (ローマ人への手紙9章33節)

 この日記を読んだとき、
 きっとあなたは強い悲しみに包まれていることでしょう。
 でも、いつまでもその悲しみ捕らわれないでいてほしい。
 いつか、必ず喜びはやって来ます。
 (詩編126章5節)

 いつも喜びを忘れないで。
 絶えず祈りなさい。
 すべての事について感謝しなさい。
 決してナチスに屈せず、強い意志を持ち続けなさい。
 あなたにはそのような人になってほしいと思います。
 (テサロニケ5章16~18節・ヨブ記9章33~35節)

 私は、いつでも神様と一緒に
 あなたを見守っています・・・  』

少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ。

もう、この世にお母さんはいないということを・・・。
お~
管理人さんありがと~
管理人さんサンクス
これナポリタンでしょ。
ユダヤ人云々の解釈は、無理矢理後づけしただけだよ。
なんで日付からテサロニケの信徒への手紙やローマ人への手紙だって特定できるのか根拠が無いし、9月33日がテサロニケとヨブの両方に使われてるのも意味が分からない。ヨブの35という数字もどこから出てきたのか。さらに、聖書の該当箇所を読んだところで、全然そんな風には解釈できない。
そして何よりも、ユダヤ人が新約聖書の引用をするはずがない・・。
ユダヤ説考えた奴はヒトラーに恨みでもあんのか
イブの夜
種(プレゼント)を心待ちにしている卵子
体内にプレゼント(種)が入って受精卵
望まれた妊娠を暗示している上に
月日が経っているから中絶と言うよりは流産ぽい
変な色の人がいっぱいは手術服
茫然自失していた少女(母親)は
子供の日記(夢の中)で流産した事を知る
※37733
ユダヤ人にもクリスチャンはいるよ。
いや、この解釈が正しいとは言わないけど。
流産の話でしょ。普通に読めば分かる。
※37733
37692の頭2行 読み直せ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。