気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵隊さん

808 1/3 sage 2006/01/22(日) 01:18:36 ID:0xPCHD5z0
こわい思いをしていないからこのスレに。少し長いです。

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。
その人はヘルメットをかぶっていてえりあしに布がひらひらしてて、
緑色の作業服のような格好で、足にはほうたいが巻かれていた。
小学生になってわかったが、まさに兵隊の格好だった。

その兵隊さんは私が1人で遊んでいる時だけでなく、校庭で遊んでいる時や
母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。
少し離れたところで立って、私を見つめている。
自分以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。
私も少しはこわがってもよさそうなものだったが、何せ物心ついた時から
そばにいるし、何よりその人から恐怖心を感じるようなことは全くなかった。
きりっとしてて優しげで、古き良き日本人の顔って感じだった。


809 2/3 sage 2006/01/22(日) 01:19:32 ID:0xPCHD5z0
やがて中学生になった。ある日いつもと違うことが起きた。
テストを控えた寒い日、夜遅くに私は台所でミロを作っていた。
ふと人の気配がしたので横を見ると、兵隊さんがいた。
けれどその日は手を伸ばせば触れるくらいそばにいた。
ぼけた私が思ったことは「意外と背低いんだな」くらいだった。
―それは何でしょうか?
体の中に声が響いたような感じだった。兵隊さんを見るとまじまじとミロの入った鍋を見ている。
ミロって言ってもわかんないよね・・・と思った私は「半分こしよう」と言って
ミロを半分にわけて、カップを兵隊さんに渡した。
―失礼します。
そう声が響いて、両手にカップを持ってふうふうしながら兵隊さんはゆっくり飲んでいた。
その時の兵隊さんの顔は、柔らかくてすごくうれしそうだった。
飲み終わって、また声が響いた。
―こんなにうまいものがあるんですね。
少なくて悪いかな、と思った私は「おかわりする?」と聞いたが、
兵隊さんはカップを私に手渡して、敬礼してふっと消えてしまった。


10 3/3 sage 2006/01/22(日) 01:20:56 ID:0xPCHD5z0
別の日に1人で家にいる時、クッキーを作っていた。
焼きあがり、冷まそうとお皿に並べていたら、人の気配がしたので窓を見ると、
庭先に兵隊さんがいた。
私はおいでよ、と手招きをしたが、兵隊さんはにこっとして首を横に振った。
あれ?と思っていたら兵隊さんは敬礼して、ふわっと消えた。
ヘルメットから出てる布がふわりとしたことを覚えてる。
それきり、兵隊さんは私の前には現れなくなった。

今でも兵隊さんのことを思い出す。
美味しいものを食べた時や料理が美味しく出来た時、
兵隊さん、どこかで美味しいもの味わえているかなあと。

2009年06月22日 | 不思議 | コメント (36) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
こうゆーの弱いんだからヤメてよ…
兵隊さん……
マジで泣けてきた
泣きそうになった…
誰だったんだろうか?
戦死した父ってわけでもなさそうだな?
親戚か近所の故人か、はたまた兵隊さんの自縛霊か?
兵隊さんへ。お疲れさまでした。。。

ほんと、お疲れさまでしたっ <(;_;)
2009/06/22(月) 15:58 | No.57198 | URL | ---   #-[ 編集]
なんでもいいから、腹一杯になって欲しいね
ほんわかするなあ
別に守護霊じゃなく、乞食だったってわけ?
なんかほわんとした。
俺にも優秀な守護霊がいたよ
それまで普通に話し溶かしていても、体が成長してきてある時期になると
ふと急に居なくなるんだ。
「そろそろ居られなくなる~」とか「あとは一人で頑張るんだぞ~」とか言って。
で、さみしいから「そんなこと無い、今まで一緒だったからこれからも一緒だ」とかいう。
多分子供の脳は頭蓋骨が小さいから、脳漿とかシナプスの発達が盛んな時期のシミュレーションみたいなものだろうな。
何でも聞けば言い当て、どうすれば良いかを聞けば最善の答えを答えそのとおりにすれば上手く行った。
といっても記憶を前後させただけでそう感じることは出来る。
村上春樹の「海辺のカフカ Kafka on the shore」を思い出した・・・
おれは霊体験なんて一度もしたことないよ・・
今回はそれっきりで済んだからよかったものの、こんなのに一回でもエサやると癖になるよ。
この守護霊なら大抵の悪霊を倒せそうだな
兵隊さん…(´;ω;`)
何かあれば、きっと助けにまた現れてくれるよ。
だから、その優しい兵隊さんのことを忘れないであげてね。
ミロを兵隊さんの分も作っておいてあげたら、いつの間にかなくなっているかもね。
2009/06/22(月) 18:39 | No.57229 | URL |   #-[ 編集]
もう近くで守らなくても大丈夫って思ったのかな?
いい話だ
これのブラックバージョンが千と千尋のカオナシですな
うわーッ甘いのうッ甘いのうッ(ミロが)
変な言い方だけど、こんな経験うらやましい。
おいらも優しい兵隊さんに見守ってほしいお(*´▽`*)
病院逝けというオレは少数派みたいだw
2009/06/22(月) 21:00 | No.57262 | URL | びよ #-[ 編集]
>>57253
これのブラックバージョンがコーヒーですな
>No.57262
ネタのつもり無く本気でこの文章を書いているなら
皮肉とかで無く本気で心配だから病院に行くべきだと
俺も思うw
ミ、ミロどろぼーぅっ!
ミロの説明で「半分胡椒」って言ってるのかと思ったw
なんかわからんが和んだ
その人は最強の守護霊様だと思った
※57292
子供にはよくあることだから、
そんなに心配しないでも大丈夫。
いい話だ。
自分は霊とか見たことないから、よくわからないけど。
兵隊さんが成仏したと思えば、本当にあった話かどうかは関係なく、いい話だから、あったかい気持ちになる。
谷川史子の絵で想像して和んでちょっと泣いた
※57745
図書館の人が北海道に行っちゃったときを思い出した
※57745

お前何と言うことを!
鼻がつーんと痛くなったじゃねぇか!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。