気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤清正と浅野幸長

180 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 23:17:40 ID:U/FGy2Xg
朝鮮出兵で浅野長政は心配で夜も眠れなかった。まだ若い我が子が朝鮮に出兵するのだ。

長政はたまらず清正の屋敷に駆け込んだ。
驚いた清正は兎に角話しを聞いた。

長「まだ若い幸長は血気盛んだ。敵陣に真っ先に突入して死んでしまうだろう」
清「若いならそれくらいの方がよろしいでしょう」
長「異国で日本のような戦が出来ようか?勝手が違うと私は思うのだ」
おろおろするのを見かねた清正は
「なら私が親となり朝鮮では幸長殿の面倒をみましょう」
っと幸長の義父となる事を長政に告げた。
幸長は喜んで屋敷に帰り幸長にその事を伝えた。
其を聞いた幸長も「憧れの加藤様と一緒に戦える」と喜んだ。
翌日二人は揃って清正邸に赴いた。
長「いいか幸長、これよりお前の父は清正殿だ。
知っての通り清正殿は天下に名を知られた武士だ。
お前も清正殿を見習い清正殿のようになれ」
幸「よろしくお願いします、父上」
清「私は子が居ないからいきなり子が出来たようでこれは嬉しいものだな」

その後、朝鮮出兵中二人は泥水啜って戦い抜いた。
幸長は清正を本当の親父のように思い「清正殿に成りたい」と清正を目指した。

帰国した幸長は大いに成長していた。
清正の下で激戦を潜り抜けてきた幸長は立派な将に成長していた。
長政が家康に靡いても幸長は家康の天下を認めながらも豊臣家に尽くした。
幸長にとっては家を盛り上げてくれた恩は豊臣家にあれど一度は謀反人と罰せられた豊家に思い入れようはあまりない。
しかし彼は武士としての忠を貫いて行動したのである。
それは清正から学んだ忠義の姿勢である。

いつの間にか清正と幸長は豊臣家の二大重鎮となっていた。彼は清正と並び称される事が誇りだった。

しかし義父である清正死後、後を追うように幸長も死んでしまう。
この二本の柱が折れてしまった事により豊臣家は暴発し滅びる。


↓死因
清正「お主、童貞だな」
幸長「どどど童貞ちゃうわ」
清正「まぁまぁ一緒に街にでもくりだそうや。フヒヒヒヒ」
幸長「ごくりっ…」

2009年08月11日 | 戦国ネタ | コメント (21) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
えっ
梅毒?
性病か
死因がなければいい話だったのにw
戦国ネタで初めてワロタ
何この落差?www
……。
梅毒って当時最新の感染症じゃあねか
オチで泣いた
俺も軽く泣きそうになった。
徳川家に対して好ましからざる人物(清正、幸長、結城秀康etc)は、たいてい梅毒で死んでる…って隆慶一郎が書いてた。
死因クソワロタw
泣ける話が
やっぱり泣ける話に
当時梅毒で死んだ武将は多かったからなw
朝鮮の遊女で遊んで感染したらしい
渡航した大名は軒並み梅毒にやられてるからねぇ
清正と幸長は腎虚とかウイルス性肝炎説の方が強いけど
かの蒲生氏郷も死因は梅毒らしい、当代の名医・曲直瀬道三の手記(カルテ)かなんかに残ってたそうな

やっぱり清正は立派だよな
それに比べて同じ秀吉子飼いの市松は……
2009/08/11(火) 18:52 | No.67620 | URL |   #-[ 編集]
まぁ市松は気の毒だわ
はめられたのが無念だったろうな
こんなことになるんだったら、いっそあの時・・・
のりピー語w
>幸長は喜んで屋敷に帰り幸長にその事を伝えた

?
最後www
お前も性病でしね
2012/06/24(日) 00:22 | No.76754 | URL | あ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。