気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花入れと金づち

388 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 00:11:25 ID:BEZ0P6ve
花入れと金づち

武野紹鴎はあるとき古道具屋の店先に伊賀焼の両耳のついた花入れを見つけた。
紹鴎はその花入れが欲しかったが、急用の途中なのでそのまま行き過ぎた。

紹鴎は翌日古道具屋に買いに行ってみたが、すでに千利休がその花入れを買って
しまっていた。

ある日、千利休よりその花入れを用いた茶会を開くと誘われた。
茶室に入ると例の花入れが床の間に飾られていた。
なんと、両耳であったはずの花入れの片耳を欠いてあるではないか。

紹鴎は心の内で大きく頷き、茶が終わってから利休にこう言った。
「自分もこの花入れを見たとき片耳を欠いて使えば面白いと思いました。
もし、今日利休殿が両耳のまま花入れを使用されていれば、片耳を叩き割ってし
まおう考えていました。
ほらこの通り。」と懐中から小さな金づちを出して見せた。

利休と紹鴎は互いの審美眼の確かさを再認識したという。

2009年08月15日 | 戦国ネタ | コメント (23) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
どっちの耳だよ
・・・
どちらも一流だなぁ
誰が見たの?
実は利休に花入れを買われたのに腹立って壊そうとして金づちを持って来たのかも
どっちも感じ悪いな
利休は落として割ってしまっていたので、内心ヒヤヒヤでしたとさ。

めでたしめでたし。
利休「え?私が買ったときから片耳でしたよ」という落ちかと思った
片耳壊しちゃったって事は、マグカップみたいになってるの?
割られることを予知して先に割ったんだよな…?
製作者のことも慮ってやれよ……
>実は利休に花入れを買われたのに腹立って壊そうとして金づちを持って来たのかも
>利休は落として割ってしまっていたので、内心ヒヤヒヤでしたとさ。
2人の思惑がそれぞれ↑だったら落語みたいで面白いな
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/15(土) 20:09 | No.68483 | | #[ 編集]
利休「お…おう、そ、そ、そうだぜ」
未完の美ですね

この話と一緒に「ミロのビーナスは、実際にどんな腕があったかはもはや関係ない。
腕が無いことで"ミロのビーナス"として完成しているのだ」という話を
中学の頃に聞いた記憶がある。




ミロのビーナスとは話が違うだろww
同じじゃね?
欠けているからこそ美しいんだろ。
すごい古典でありがちな文章をこれまたありがちに現代語訳した感じ
深い懐かしさが込み上げて来る
しかしわざとぶっ壊すのはあざといよ
人のもの勝手に壊そうとすんなよ
ミロのヴィーナスが美しいのは、欠けている腕を、自分が最も美しいと思う形に想像することが出来るからじゃなかったか?
「爆笑問題の日本史」で読んだな
あの頃は大田もまともだった
大田曰く
俺なら二人まとめてそのトンカチで殴るね
「お前ら何わけわかんねえこといってやがる!」
2009/08/17(月) 23:27 | No.69050 | URL |   #-[ 編集]
村田さんの方の逸話とかないのかな
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。