気まぐれへっどらいん

  Hカップ以上の娘にありがちなこと 上級編

このヘッドラインはNEWs保存道場が気まぐれでお勧めブログを紹介してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の息子

439 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/21(日) 22:03:15 ID:/7xvC7hp
二人の息子

本多忠勝は正室との間に忠政、忠朝の二人の息子を儲けた。

家康の関東移封にともない、忠勝は上総国大多喜10万石に封じられた。

さて、関ヶ原の戦い後、家康が忠勝に加増してやろうと話を持ちかけると、
「今の石高で十分です。私に加増は結構です」と固辞する。
それでも十分功績はあったのだからと、家康はちょっと考えて次のようにした。

忠勝には、伊勢国桑名10万石を与える。
それとは別に、次男忠朝に上総国大多喜5万石を与える。

どうも忠勝は次男忠朝の方が可愛くて、何とか独立した大名にさせようと工作したらしい。

臨終の際、忠勝は家老に遺言書を預けた。その内容は、

「桑名10万石の相続は幕命により相続。
 その他、武具、馬具、茶道具など一切の物は長男忠政に譲る。
 た・だ・し、
 自分は他に黄金一万五千両を蓄えているが、こ・れ・は、次男忠朝に与える」

これを聞いた忠政は激怒して、「長男が全て相続するに決まってるだろーが!」
と忠朝に黄金を与えなかった。

一方、忠朝は「兄貴のほうが大身だし、何かとお金が必要になるだろうからいらない」
と言って催促をしなかった。

弟の態度を家老から聞いた忠政はひどく恥じ入って、今度は黄金を忠朝に渡そうとする、
忠朝は頑として受け付けない、でどちらも譲らない。
そこで本多一門の者が間に入り、黄金は二人で半分ずつ分けることで話が付いた。

しかし、忠朝は「急用があったらその時渡してもらえればいいです」と兄の蔵に黄金を
置いたまま、とうとう一度も手に取ることもなく、大坂夏の陣で戦死した。

まあ、三人とも立派だったんだよな。

2009年08月23日 | 戦国ネタ | コメント (21) このエントリーを含むはてなブックマーク
コメント
いち
( ;∀;) イイハナシダナー
結局、オヤジの遺言が余計だったな。
忠政情けねぇって思う奴いるかもだけど、弟の態度を聞いて恥じ入って忠朝に黄金全部あげることが出来るってすごいことだよね。
本当にオヤジの遺言が余計
かっこいい
3人とも
立派な息子をお持ちで
三人ともすごい
忠朝は小笠原秀政と戦死する前夜に酒を酌み交わして決死を語り合うエピソードも泣ける。
秀政も戦傷でその日の夕方に絶命している
いい話っす。
賈詡「袁紹と劉表のことを考えておりました」
どこが?‥イイ話なのこれ?‥‥‥


馴れ合いにしか見えん
三人とも?
兄弟はともかく親父はちょっとなあ
親父は「家康に過ぎたるもの」として歌にまでなってんだから十分だろ。
生涯において参加した合戦は五十七回に及んだが、いずれの戦いにおいてもかすり傷一つ負わなかったと伝えられているなんて伝説が残っているのが親父だからなぁ
つーか、化け物だろ 常識的に考えて
戦国ネタ好き~

『家康に過ぎたるモノ二つあり
唐の兜と本田忠勝』
2009/08/23(日) 22:58 | No.70486 | URL | 屍 #-[ 編集]
蜻蛉斬りってこの親父さんの槍だっけか
嫡男総取りで零細化を防ぐか、分散相続でリスクも分散するか。難しい問題だ。
単なる物欲の話ではないと思う。
最初から長男が総取りだったら、
長男は次男を思い遣る事もなかったのかもしれないし
長男と次男が争う事になるかも知れない遺言だったけど
結果として長男にとってはいい遺言だったんじゃないだろうか
57回戦に出て傷を負わなかった伝説を持つ忠勝だけど
その晩年は、現在の秋田に飛ばされて、死ぬまで屋敷に軟禁状態だったんだとさー。
残った金をもらったのは誰なんだろうか・・・。
>>70589のお陰で以下の部分について納得できた
>まあ、三人とも立派だったんだよな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Sponsored Link
Information

師範

テレビであまり報道されない
ニュースをまとめる事が多いです。

面白いブログを教えてください!
自薦・他薦は問いません。
   ↓↓↓↓
 メールフォーム

Creator Website
Link
  • 管理者ページ
  • ROG
     
    Ranking
    Web Counter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。